陰陽五行説

算命学(さんめいがく)をはじめ、中国で生まれた占いは陰陽五行説(いんようごぎょうせつ)が根本にあります。
「陰占」でその人の本質、「陽占」でその人の性格を読み解き、五行を掛け合わせて更に分析します。

陰陽について

性別に女(陰)と男(陽)があるように、この世の全てに“陰”と“陽”が存在します。
どちらかが多すぎたり少なすぎるとバランスを失い、正常な状態を保てません。
幸せになるためには、お互いを尊重し、補い合っていくことが大切です。

性質の陰陽

冷やす鎮める堅固湿潤閉じる
温める動かす柔軟乾燥開く

自然界の陰陽

秋冬
春夏太陽

人体の陰陽

下半身体幹
上半身四肢

五行について

五行は「水性」「木性」「火性」「土性」「金性」で成り立っていて、それぞれに色・方角・五官・五臓を当てはめることができます。

五行本能方角五官五臓
水性習得本能腎臓と膀胱
木性守備本能肝臓
火性伝達本能心臓と小腸
土性引力本能中央脾臓、胃の窓口
金性攻撃本能西肺と大腸

五行の相生(そうせい)・相克(そうこく)

五行は“相生”と“相克”の2つの関係によりバランスが保たれています。
「循環」がうまくいけば新しいものが生まれ、「争い」が怒ると循環は止まってしまいます。
そういった考えから、相生は「アクセル」で相克は「ブレーキ」だと認識してもらえればイメージしやすいかと思います。

相生関係は別名「母子関係」とも言われていて、良い相性です。
相克関係は対立して互いに争うことになるので、あまりいい相性とは言えません。

相生関係について

  1. 水生木:水の潤いによって、木が生育する
  2. 木生火:木は性質が温暖で、その中に隠れている火が熱となって出てくる
  3. 火生土:火は燃えると、土と同質の灰が残る
  4. 土生金:土が集まった山には、金属が宿る石がある
  5. 金生水:金属は腐食、または融解することにより水になる

相克関係について

  1. 水克火:水は、火の存在を消し去ることができる
  2. 火克金:火は、そのエネルギーにより硬い金属を溶解する
  3. 金克木:金属は固く、それよりも柔らかい木を切断する
  4. 木克土:木は、密度の薄い土を押し退けて生育する
  5. 土克水:土は、水の流れを塞き止める

最近の投稿

  1. お知らせ

    【What’s New】天中殺リニューアル&6種類リリース
  2. 算命学

    算命学で人を車に例えると
  3. 十大主星

    【十大主星】人との縁を使って星を輝かせる方法
  4. 十二大従星

    初年期(若年期)にある十二大従星
  5. 十大主星

    【十大主星の場所】北の星で見る目上運
PAGE TOP