十大主星

【十干別の性格】禄存星と司禄星

十大主星は日干を基準にどの十干から生まれたかで星が決まります。そうすると、十干×十大主星=100通りの性格が存在することになります。

今回は、引力本能である禄存星司禄星がどの十干から生まれたかで、それぞれ10通りの性格をご紹介します。

禄存星

キーワード:愛情表現

甲から生まれた場合
庚ー甲ー禄存星
ストレートな愛情表現。好きになったらすぐに表現する人。「相手のことは置いといて、自分は好きだから」という風に相手の立場をわきまえない子供っぽい(裏表がない)愛情表現。賄賂が通じない人。
乙から生まれた場合
辛ー乙ー禄存星
場をわきまえる愛情表現。愛情は持っていても相手の状況に応じて愛情を調整できる人。相手を苦しませないような女性的な奉仕愛が出来る人。悪い異性に捕まると都合のいい相手になりやすい。
丙から生まれた場合
壬ー丙ー禄存星
ムードメーカー。博愛主義で盛り上げ上手な人。人気者になる人。開運方法は広く浅い愛情表現。あまり深入りすると良くない。「太陽愛=外で明るい」から他人に愛情を注ぐ人で身内へは愛情が比較的弱くなりやすい。
丁から生まれた場合
癸ー丁ー禄存星
好き嫌いが多い愛情表現。わがままな部分が出やすい人。気心の知れた身内のような人とは深い関係になる。他人に対しては愛情の出方が弱くなってシャイな部分が出てしまう。深く付き合いたい願望があるため相手をすごく選ぶ人。
戊から生まれた場合
甲ー戊ー禄存星
不動の愛。人に好かれたい意識が強い人。好きな人がいても告白を待っている人。去る者は追わない。
己から生まれた場合
乙ー己ー禄存星
日常の愛。現実的なやり取りの中で助け合う人。人情がある。「お互い様だね」ということが通じる人。義理を欠いたら許さない。この人に対しては不義理をかかずに付き合うことが大事。仲間はずれにしたら仕返しをする人。
庚から生まれた場合
丙ー庚ー禄存星
硬くて重い愛情。主義主張が乗っかっていて、行動で愛情を表すため強引さが目立つ。犠牲心が強く、大事な人のために一肌もふた肌も脱ぐようなかっこいい愛情表現をする人。この人を裏切ったら反逆される。
辛から生まれた場合
丁ー辛ー禄存星
公家の愛。相手に品性を求める人。恋愛関係になったとしても相手の格が低いとしもべのような扱いをしやすい。教養を育てると玉の輿・逆玉に乗りやすい人。身なりや言動を品よく意識すると開運。
壬から生まれた場合
戊ー壬ー禄存星
柔らかい愛情。好きになった人が好みになりやすい、柔軟性のある人。どんな人とでも恋愛できる人。渡り歩く愛情(悪く言うと浮気)になりやすい人。過去の相手を引きずって一人に執着すると開運しない。止まらない恋愛をした方がいい。
癸から生まれた場合
己ー癸ー禄存星
時と共に愛情がます人。年齢を重ねる毎に愛情が豊かになる人。後々になって愛情の深さを実感される人。

司禄星

キーワード:お金・貯蓄

甲から生まれた場合
辛ー甲ー司禄星
一本調子の貯蓄。財テクという発想はなく、商人(柔)の感覚ではなく役人(硬)の感覚を持っている。銀行も一つの銀行を使う傾向。手広くビジネスをやると失敗しやすい。小さく狭く一つのことをコツコツやる方がお金になる。
乙から生まれた場合
庚ー乙ー司禄星
利殖の財。利子(利益)によって財産をふやす人。“間に合う”感覚を持っていて、緊急持ち出しが可能な蓄財能力を持っている。柔軟な経済感覚を持っていて金を貸す側になれる人。
丙から生まれた場合
癸ー丙ー司禄星
目的がない貯蓄。何かのために貯蓄をする人で、目的が定まらない。逆に、貯蓄の目的を定めると金運は下がる。アバウトな貯蓄意識が良さを発揮できる人。人のお金を集める(寄付を募る)のが上手な人。不正を働くことはなく、人の幸せのためにお金を使える人。
丁から生まれた場合
壬ー丁ー司禄星
目的を絞る貯蓄。主に子育てや教育など未来(子供・若者)のために役立つ貯蓄をする人。未来を豊かにするための投資が開運のポイント。好き嫌いで判断することが多いので、未来投資の時期は運勢をきちんと見ておくのが大事。
戊から生まれた場合
乙ー戊ー司禄星
不動の貯蓄。コスト(効率)をきちんと考えてお金をまとめる能力がある人。お金を使いやすくする能力に長けている。色んな勉強をすると全てが身になる人。知識を土台にしてお金を使いこなす人。
己から生まれた場合
甲ー己ー司禄星
庶民財。サバイバル意識があり、どこでも使える財を大事にする人。その為、金銭よりも人との信頼を大事にする。信頼関係の蓄積を持っている。建前やプライドは一切なく、人との信頼関係を第一に考える。
庚から生まれた場合
丁ー庚ー司禄星
競争で得る財。投機・ギャンブルによって財を得る人。お金を動かしたい本能に狩られるので、チャンスとピンチの見極めができるか否かが勝敗を分ける。強引なやり方をすると金運が下がる。
辛から生まれた場合
丙ー辛ー司禄星
プライドの財。ブランド志向で高級なムードに惹かれる。悪銭を嫌う。いわくつきの経済を排除(身に付けたくない)したがり、経済や職業に貴賤(身分の高い者と低い者という線引き)をつける人。お化粧(格好良さ)を意識した商売をする人が多い。泥んこ商売は向いていない。
壬から生まれた場合
己ー壬ー司禄星
グローバルな蓄財。海外のアイディアを活用して得る財。グローバルな感覚を身につけることで開運できるので外国語(英語・中国語)を身につけることが鍵。知恵を貯蓄するような人。早く親元を出で自活することが最大の開運。
癸から生まれた場合
戊ー癸ー司禄星
時と共に豊かになる。晩年財を成す人。長い目で見て成果が大きくなる人。

※癸:唯一「時間」を持っている十干。

自分の命式を調べる

十大主星に関する記事

十二大従星に関する記事

天中殺に関する記事

干支に関する記事

算命学に関する記事

十大主星一覧

十二大従星一覧

ピックアップ記事

  1. 【芸能人の命式】山口達也さんの再起を東の星でみる
  2. 【天中殺】十大主星別-年運の特徴と対策
  3. 「機」という言葉は一つの運
  4. 【時事】森友学園問題の政界主要メンバー天中殺率
  5. 晩年の位置にある十二大従星

関連記事

  1. 十大主星

    【十干別の性格】貫索星と石門星

    十大主星は日干を基準にどの十干から生まれたかで星が決まります。そうする…

  2. 十二大従星

    中年期(壮年期)にある十二大従星

    中年期(壮年期)にある十二大従星は、20代半ばから50代の期間に活躍す…

  3. 算命学

    算命学で人を車に例えると

    算命学は人間を“肉体”と“魂”の二つに分けて考えます。人間はこの世…

  4. 十大主星

    【天中殺】十大主星別-年運の特徴と対策

    天中殺の年に回ってくる十大主星の星によって、その年に陥りやすい思考や行…

  5. 十二大従星

    十二大従星

    晩年の位置にある十二大従星

    晩年の位置にある十二大従星の特徴を授業で先生が話してくださいました。…

  6. 十大主星

    【十大主星の場所】北の星で見る目上運

    北の位置は「目上・上司」や「親」を意味し、目上の人に対して発揮される自…

最近の投稿

オススメの本

  1. お知らせ

    【お詫び】十二支(地支方位)分類に誤記があり訂正
  2. スピリチュアルな体験

    不思議な体験
  3. 十大主星

    十大主星の陽転の形
  4. お知らせ

    【What’s New】六十干支全ての性格・特徴をリリース
  5. 十二大従星

    中年期(壮年期)にある十二大従星
PAGE TOP