十大主星

【十干別の性格】鳳閣星と調舒星

十大主星は日干を基準にどの十干から生まれたかで星が決まります。そうすると、十干×十大主星=100通りの性格が存在することになります。

今回は、伝達本能である鳳閣星調舒星がどの十干から生まれたかで、それぞれ10通りの性格をご紹介します。

鳳閣星

キーワード:遊び、楽しみ

甲から生まれた場合
壬ー甲ー鳳閣星
直なる遊び。趣味は一つに絞り、その趣味を完全なものにするために様々な角度からの勉強をした方がいい。一生一趣味。よそ見、浮気はダメ。極める過程は基本的には個人プレーになる。
乙から生まれた場合
癸ー乙ー鳳閣星
曲なる遊び。多趣味が良い。良い言い方をすると、趣味に柔軟性がある。注意すべき点(開運方法)は、途中で投げ出さず、一つ一つある程度完結(卒業)させること。多趣味で知り合った仲間が将来の財産になる。仲間は深入りしすぎず、広く浅い付き合いをしたほうがいい。
丙から生まれた場合
甲ー丙ー鳳閣星
明るい遊び。自然と戯れる遊びが良い。外に出て季節の変化に触れて楽しみ学ぶことが開運になる。年齢に応じた変化も楽しめる人で、家庭も明るくて家庭運良好。自然から離れた「管理社会」「人工的な環境」にいると病気になりやすい。
丁から生まれた場合
乙ー丁ー鳳閣星
孤独の楽しみ。自分一人で盛り上がるような楽しみが才能を育てる。芸術の世界で楽しみを見つける。一人で楽しむのが好きなので家庭的ではなくわがままで自分勝手な人が多い。家庭に縛られると個性が埋れてしまう。
戊から生まれた場合
丙ー戊ー鳳閣星
日常の楽しみ。積極的な趣味ではなく生活に根付いた楽しみを見つけるのが上手。短な楽しみで遊びを済ませる人(例:ペットを買って可愛がるなど)。
己から生まれた場合
丁ー己ー鳳閣星
流行を楽しむ。大衆迎合。これといった趣味はないけど流行に乗ることに楽しみを感じる。広く浅い趣味を持ちやすい。庶民的な、地域に根付いたお祭りなどの行事を楽しむ。
庚から生まれた場合
戊ー庚ー鳳閣星
競争がある遊び。危険な匂いがあって怪我をしやすい遊びが好き。遊びで勝ち負けにこだわる。スポーツのような趣味を好む。運気が良くない時は「負け」が続いている時。運気が悪い時は格下の相手と戦って「勝ち」を続けること。
辛から生まれた場合
己ー辛ー鳳閣星
上流の遊び。道具にもお金がかかるし、習い事にもお金がかかる。伝統や格式のある趣味を好む。教養がある人が集まる趣味の場に足を運ぶ。巷の人を見下しがちで上から目線になりやすい。友達も格式が高い人に限定されやすい。
壬から生まれた場合
庚ー壬ー鳳閣星
移動の楽しみ。目的地への移動が楽しい。車窓から見える景色などを眺めるもの好き。プロセスを楽しむ人でなんでもやりたがる傾向。うまい下手は関係なくなんでも経験をしたがる人。不満を持っている時は自分が何もやらせてもらえない時。
癸から生まれた場合
辛ー癸ー鳳閣星
コレクションの遊び。収集癖あり。ゲームやクイズが好き。自分で作り出す発明力高し。プラモデルやレゴなど自分で組み立てるような遊びを好む。開運方法は何かを貯めていくこと。

調舒星

キーワード:孤独星、感受性

甲から生まれた場合
癸ー甲ー調舒星
直なる孤独。面裏があまりない。孤独性がわかりやすい人。組織の中に身を置くよりも裏方で職人に徹する人。表に立つ場合はサポートが必要。
乙から生まれた場合
壬ー乙ー調舒星
曲なる孤独。若い時はわがままで孤独性が強い人。成長すると和合性が出てくる。表面上孤独を出さずに周りに合わせられる。内面にはコンプレックスを抱える。
丙から生まれた場合
乙ー丙ー調舒星
明るい孤独。宗教性があり、人の孤独を受け止めてあげる人。反社会的にはなりにくい。人と孤独を助け合う気持ちを持つ。人を導く力がある人。「みんな孤独なんだよ」と寄り添える。
丁から生まれた場合
甲ー丁ー調舒星
芸術性の高い孤独。自分の孤独を作品(形、文章など)にできる人。芸術家として才能を発揮できる。圧を出すことで相手に理解を求める。自分の感性を理解してくれる人を結婚相手に選ぶ。
戊から生まれた場合
丁ー戊ー調舒星
引力感性。外見はクールだけど深い付き合いになって情をかわすことで孤独が滲み出てくる人。幼稚性(面白み)のある孤独を持っており人に知られると恥ずかしいため普段は表にださない。
己から生まれた場合
丙ー己ー調舒星
生活の変化時に孤独を感じる。引きこもる場合もあり。引越しをした後や離婚をした「後」に孤独を感じて落ち込んだりする。
庚から生まれた場合
己ー庚ー調舒星
自分の感性を重視・最優先にする。他人の感性はあまり気にしない。相手の心に囚われず自分の道をいける人。仕事環境では相手の気持ちに寄り添うよう注意が必要。
辛から生まれた場合
戊ー辛ー調舒星
深く考え、悩み続ける人。悩みを自分で生み出す人。神経が図太いので悩み続けられる。深刻度を分けて考えるのが大事。でないと周りに迷惑をかけることになる。
壬から生まれた場合
辛ー壬ー調舒星
不条理への反発。平等意識が強く、差別をとても嫌う人。自分が不平等な扱いを受けるととても傷つき反発する。表面的に不平等に見えることの裏事情を考えて自分を納得させることが大事。
癸から生まれた場合
庚ー癸ー調舒星
晩年孤独を楽しむ人。人生の急変が起こりやすい。急に海外に行きたくなったり、急に家族と離れたくなったりする(悪い意味ではない)。歳をとって新しいことを始めたくなる。不満を溜め込んで一気に吐き出すタイプ。

※癸:唯一「時間」を持っている十干。

自分の命式を調べる

十大主星に関する記事

十二大従星に関する記事

天中殺に関する記事

干支に関する記事

算命学に関する記事

十大主星一覧

十二大従星一覧

ピックアップ記事

  1. 【天中殺】十大主星別-年運の特徴と対策
  2. 十大主星の陽転の形
  3. 「機」という言葉は一つの運
  4. 【お詫び】十二支(地支方位)分類に誤記があり訂正
  5. 算命学で人を車に例えると

関連記事

  1. 十大主星

    【十大主星の場所】南の星で見る目下運

    南の位置は「目下・部下」や「子供」を意味し、年下や後継者に向けて発揮さ…

  2. 十大主星

    【十大主星の場所】西の星で見る結婚相手の傾向

    「結婚は星を育てる」という意味合いから、西の場所の星を配偶者の星として…

  3. 十二大従星

    晩年期にある十二大従星

    晩年期にある十二大従星は、50代半ば以降の期間に活躍する星です。晩…

  4. 十二大従星

    十二大従星

    晩年の位置にある十二大従星

    晩年の位置にある十二大従星の特徴を授業で先生が話してくださいました。…

  5. 十大主星

    【十大主星の場所】東の星で見る仕事運

    東の位置は「兄弟」や「友人」を意味し、仕事や社会に向けて発揮される自分…

  6. 十大主星

    【十大主星の場所】北の星で見る目上運

    北の位置は「目上・上司」や「親」を意味し、目上の人に対して発揮される自…

最近の投稿

オススメの本

  1. 算命学

    【生まれ月別】2018年の運勢
  2. 十大主星

    【十干別の性格】禄存星と司禄星
  3. お知らせ

    【What’s New】天中殺リニューアル&6種類リリース
  4. スピリチュアルな体験

    不思議な体験
  5. 天中殺

    【時事】森友学園問題の政界主要メンバー天中殺率
PAGE TOP