十二大従星

初年期(若年期)にある十二大従星

初年期(若年期)にある十二大従星は、生まれた時から20代半ばまでの期間に活躍する星です。

初年期(若年期)にある星を調べる

天報星 過保護の中で冒険心・可能性を探るような子供時代になります。自分探しからスタートするので、適職を見つけるまでに時間がかかります。また、親離れしにくい子供で、親に守られた中で可能性を探していきます。
天印星 誰からでも好かれる、敵なしの子供時代です。万人受けする子供です。ユーモアもありネガティブさもなく、無邪気で明るい性格の子供になります。大人から可愛がられる運勢です。12の星の中で一番明るい幼少期を過ごせる星です。
天貴星 真面目で正直な子供らしい子供です。子供なりの自尊心・プライドがあります。「お手伝いしなさいよ、お兄ちゃんなんだから」というふうに、立場としてのプライドをくすぐるような子育てが良いです。素直ゆえ人に染まりやすいので、初年期(若年期)に受けた教育がこの人の将来を決めます。
天恍星 離郷の星でもあり、大人びた子供です。巣立ちたい願望は強い割に、経験値が低いため世間知らずで勘が悪いところもあり、保護者が遠くながらに見守ってあげる必要があります。また、色気付くのも早いおませな子供になります。
天南星 活力が旺盛で活発な子供時代を過ごします。身強の星(天南星・天禄星・天将星)はエネルギーを持て余しやすいので、スポーツをさせたり、仕事(親の手伝い)を与えたりしてエネルギーをうまく発散させて循環させる必要があります。穏やかな子育てだと物足りなさを感じてしまいます。
天禄星 運気は強いけれど陰気な性格です。非常に大人で我慢強い子供になります。責任感が強く、親を支えたいという気持ちが強い初年期(若年期)を過ごします。物事を冷静に見ている子供で、無意識に忍耐を強いられる運勢なので苦労しがちですが、子供の頃に苦労しておくと中年期以降の運勢は伸びます。
天将星 体が極端に強い子か、極端に弱い子のどちらかになります。男の子の場合弱い子になりやすく、女の子はしっかり者になります。初年期(若年期)に天将星があると、男の子の場合は父親とぶつかるケースがあり、父親に子供が勝てるわけは無いので、結果的に負けてしまい「弱い子」という事になります。成人すれば父親との戦いは終わり、そこから自立心が出てきます。女の子の場合は自立心の芽生えが早く、しっかり者になります。
天堂星 引っ込み思案ですが、内に秘めたプライドがある子供です。性格はとても穏やかです。ただ、被害妄想を抱きやすく、どこか自信が持てずくすぶっているような子供です。もともと晩年期に相当する老星(天堂星天胡星天極星天庫星天馳星)が初年期(若年期)にある場合、ひがみっぽい性格になってしまう傾向があります。
天胡星 感受性が強くて、非常にデリケートな子供になります。人の心の変化に気づきやすいので、精神的に消耗しやすく病弱になります。そのため、自然や動物など「裏」が無いものに触れて心を癒す時間を確保しましょう。
天極星 自己が薄いので心が定まりにくく、不安定になりますが要領のいい子供です。素直で従順なところがありますので、人からは好かれます。じっくり考えて自分探しをしながらスローペースで運勢が進みますので、その間に親の運勢が良くなるという、親と子供(本人)の運勢がシーソーゲームになりやすいです。
天庫星 とても努力家でプライドが高い子供になります。コツコツ努力を積み重ねて静かにリーダーへのし上がるようなタイプです。コレクション欲もあり、非常にクールでみんなの中和を保てる「聖人」のような、一目置かれる子供になります。
天馳星 活発ですが、おっちょこちょいで不注意による怪我が多くなりやすいので、危険が伴う遊びや趣味はしない方がいいでしょう。天極星と同様、天馳星を初年期(若年期)に持つ人は親と子供(本人)の運勢がシーソーゲームになりやすいです。親の運が開運して、その後に幸運気が巡ってきますので、それまでの間、じっくり自問自答をしてやりたいことを見つけましょう。また、周囲から浮きやすいところもあり、気ぜわしい性格です。そのため焦りやすくもあります。初年期は何か興味があることを見つけてそのことに没頭すると居場所を見つけることができ、運が拓けてきます。

天極星(お人よし)、天馳星(忙しい)、天将星(頑固)の3つが初年期(若年期)に出る人は、良くも悪くも癖が出やすいです。親とシーソーゲームの運勢になりやすい人となります。
親がまともな運気だと、子供の方に不運が降りかかったり、体が弱くなったり、波乱の運勢になりやすいです。ただし、それは成人までの話で、成人を過ぎれば元気に盛り返してくるので安心してください。親に運勢を譲っていて、順番を待っているという感覚でいるといいでしょう。

天庫星が初年期(若年期)に出ると、聖人と言われるほど、物の考え方に特徴があり、英才教育を施すと能力が花開きやすくなります。栄西能力に向いている運勢です。

天報星天恍星が初年期(若年期)にある場合、成人まで自分のやりたいことだ定まりにくい傾向があります。変化を求めて外に出たいという願望が強くなり、その通り外へ外へ動くことで見聞が広がります。

初年期(若年期)にある星を調べる

十二大従星一覧

ピックアップ記事

  1. 算命学で人を車に例えると
  2. 【時事】森友学園問題の政界主要メンバー天中殺率
  3. 【天中殺】十大主星別-年運の特徴と対策
  4. 晩年の位置にある十二大従星
  5. 【芸能人の命式】山口達也さんの再起を東の星でみる

関連記事

  1. 十二大従星

    中年期(壮年期)にある十二大従星

    中年期(壮年期)にある十二大従星は、20代半ばから50代の期間に活躍す…

  2. 干支

    【陰占干支から感じる縁】丸岡いずみさんの代理出産

    最近話題になった丸岡いずみさんの代理出産について、算命学的視点から「縁…

  3. 十大主星

    【十大主星】見た目の特徴

    算命学は外見、特に顔の特徴についても研究されています。本来、陰占で…

  4. 十二大従星

    十二大従星の2連変化

    初年期(若年期)、中年期(壮年期)、晩年期の中でも同じ十二大従星を2つ…

  5. 十大主星

    【十大主星】人との縁を使って星を輝かせる方法

    十大主星にはそれぞれ人物が当てはめられています。星に当てはめられて…

  6. 開運方法

    授業の備忘録

    「機」という言葉は一つの運

    生きていく上で「機」を知るということは、とても大事なことです。自分のサ…

最近の投稿

オススメの本

  1. 十大主星

    【十干別の性格】禄存星と司禄星
  2. 算命学

    算命学で人を車に例えると
  3. 十二大従星

    晩年期にある十二大従星
  4. 天中殺

    算命学の授業-天中殺突入-
  5. 十大主星

    【十干別の性格】貫索星と石門星
PAGE TOP