十二大従星

晩年期にある十二大従星

晩年期にある十二大従星は、50代半ば以降の期間に活躍する星です。

晩年期は子供任せ、運任せになる期間になりますので、その期間はその人がこれまでに積んできた徳のようなものが色濃く出る時期でもあります。

晩年期にある星を調べる

天報星 仕事を取るか、家庭を取るか、どちらかを選択する晩年期になります。両方選択しようとすると、トラブルがつきまとい、人生がうまく行かなくなります。中年期までに、どちらかの土台をしっかりさせて、晩年は並行して進めることは考えないようにしましょう。
天印星 人徳があり、好かれますので、人気のあるお年寄りになります。その反面、夫婦二人で静かに暮らしたいのに、子供が転がり込んでくるようなことにもなりやすいです。元々赤ちゃんの星なので、来るものは拒めず、従う気質があります。そのため、周囲に好き勝手されて振り回されやすい運勢でもあります。ただ、寂しさとは無縁で周りに人がいる晩年気になります。「老後はこうして欲しい。こうしたい」などの宣言を事前にしておくことで、年をとってから若い人たちに振り回されることも防げます。
天貴星 自意識が強いので、かっこいい、美しくておしゃれなお年寄りになります。体や皮膚、身だしなみの管理に重きを起きます。長男・長女の役目を晩年期に果たす傾向があります。長子でなくても、そういった役割が回ってきます。その役割を請け負った方がいい運に乗れます。
天恍星 若返りやアンチエイジングなどの意味合いが強くあり、色気があり10歳は若く見られるお年寄りになります。晩年きにトキメキを求めてアイドルの追っかけをしたり、配偶者以外の誰かに恋をする傾向があります。故郷離れをする運勢も持っていますので、晩年期に海外暮らしをすることもあります。天恍星の願望は晩年型であり、若い頃から持ち続けている願望が晩年期に何か一つは叶えられるという運勢も持っています。ロマンチックな晩年期になります。
天南星 年をとってから強引さが出てきて、権力者になります。静かな余生は望まない傾向があり、晩年期も仕事をします。天南星を晩年期に持っている人は「生まれた家に縁が深くなる」という特殊な運を持っています。若い時から生家に縛られることが多く、晩年期になると生家と非常に縁が強くなります。
天禄星 守りの王様といっても過言ではない晩年期になります。晩年期になって損得勘定が強くなり、損なことはしないので、ケチな人にも見えます。非常に冷静で堅実な晩年気を過ごします。晩年期に事業を事業を興そうとした時に、リスクが低ければうまくいきますが、チャレンジ要素が多い場合は失敗しやすいので、あまり冒険しないようにしましょう。
天将星 自立、自己確立したい願望が強くなります。人に頼りたくないという気持ちが強くなり、強引に周囲を遠ざけようとすることがあります。周り(家族や友人)と良く話し合って周りの状況を整えてから飛び出すようにしましょう。そうしないと周りに迷惑をかけて煙たがられます。理性と情が同居している人なので、迷いも多くなります。情に振り回されると生き霊となってドロドロになるので、理性を保つようにするといいでしょう。
天堂星 隠居上手で余生を楽しむ才能がある人です。趣味を晩年に至っても辞めずに続けることで晩年豊かになります。十二大従星の中で一番理想的な晩年を送れます。
天胡星 一病息災と言われており、弱いところは受け入れて、苦手なことは人任せにするといいです。中年期までの「後悔」を引きずらず、その「後悔」を材料にして、新しい美を楽しむ方に意識を向けるようにしましょう。
天極星 受け身で周囲ウケがいい人です。流され上手で柔軟性があるので、周囲にとっては助かる存在です。信仰心も強くなり、お人好しなところがあるので、詐欺に注意したほうがいいでしょう。 晩年期に一人暮らしする場合は、オレオレ詐欺に注意しましょう。また、子供が苦労を背負いやすい星でもあります。子供が苦労しないように、晩年気までに財力を蓄えておくといいでしょう。子供が40代くらいから冒険し出したら、難が少なくなるように根回しをするなどしてサポートしてあげましょう。
天庫星 一生勉強をしたいという願望がある人です。学ぶことで精神的に落ち着ける性格です。奉仕精神が強くなり、親孝行やお墓掃除をするようになります。また、墓守の星なので、先祖のためのお墓を作ったり、お墓周りを綺麗にしたりすると開運します。きちんと相続も整理する人です。
天馳星 出会いが多いお年寄りになります。逆を言うと、身内から離れて友人の中で生きるようになります。シェアハウスなど向いています。身内運が薄い代わりに友人運が強くなります。

若い星(天報星天印星天貴星天恍星)は明るいお年寄りになります。
大人星(天南星天禄星天将星)は現役続行で仕事を重視する晩年を過ごします。
老星(天堂星天胡星天極星天庫星天馳星)は、穏やかで静かなな、理想的な晩年気になります。あの世へ行くのが楽しみになる、“死に支度”的なものが自然とできる運勢です。

晩年期にある星を調べる

十二大従星一覧

ピックアップ記事

  1. 【お詫び】十二支(地支方位)分類に誤記があり訂正
  2. 【天中殺】金を取った羽生くんとW杯で勝てなかった岡田監督
  3. 【芸能人の命式】山口達也さんの再起を東の星でみる
  4. 算命学で人を車に例えると
  5. 【What’s New】天中殺リニューアル&6種類リリース

関連記事

  1. 算命学

    【生まれ月別】2018年の運勢

    今日は算命学で言う新年の始まりの日ということで、今私が通っている高尾学…

  2. 天中殺

    【時事】森友学園問題の政界主要メンバー天中殺率

    安倍総理や妻の昭恵さん、また佐川・前国税庁長官の3人は申酉天中殺で20…

  3. 十大主星

    【十干別の性格】貫索星と石門星

    十大主星は日干を基準にどの十干から生まれたかで星が決まります。そうする…

  4. 干支

    【異常干支】特徴と年運に巡ってきた時

    異常干支を持っている人の性格はともて読みづらく掴みにくいです。自分…

  5. 十大主星

    【十大主星】見た目の特徴

    算命学は外見、特に顔の特徴についても研究されています。本来、陰占で…

  6. 十二大従星

    十二大従星

    晩年の位置にある十二大従星

    晩年の位置にある十二大従星の特徴を授業で先生が話してくださいました。…

最近の投稿

オススメの本

  1. 十大主星

    【十大主星の場所】東の星で見る仕事運
  2. 十大主星

    【十大主星の場所】南の星で見る目下運
  3. 十大主星

    【天中殺】十大主星別-年運の特徴と対策
  4. 十大主星

    【十大主星】人との縁を使って星を輝かせる方法
  5. 十二大従星

    十二大従星の2連変化
PAGE TOP