算命学

  1. 十大主星の同星3連変化

    今回は、十大主星の同星が3つ命式にある人の傾向を見ていきます。十大主星の同星が3つ以上ある人は奇人・変人・天才型が多いと言われています。少数派であるため…

  2. 十二大従星の2連変化

    初年期(若年期)、中年期(壮年期)、晩年期の中でも同じ十二大従星を2つ以上持っている人がいるかと思いますが、2つ以上ある場合、その星の意味が極端に強まったり、化…

  3. 晩年期にある十二大従星

    晩年期にある十二大従星は、50代半ば以降の期間に活躍する星です。晩年期は子供任せ、運任せになる期間になりますので、その期間はその人がこれまでに積んできた徳の…

  4. 中年期(壮年期)にある十二大従星

    中年期(壮年期)にある十二大従星は、20代半ばから50代の期間に活躍する星です。中年期(壮年期)にある星を調べる天報星変身、変化願望が強…

  5. 初年期(若年期)にある十二大従星

    初年期(若年期)にある十二大従星は、生まれた時から20代半ばまでの期間に活躍する星です。初年期(若年期)にある星を調べる天報星過保護の中…

  6. 【芸能人の命式】山口達也さんの再起を東の星でみる

    算命学では、何か壁にぶち当たり「もう復活できない」というほどの挫折を味わった時、東の星から再起のヒントを得ます。東から陽が昇って西に沈むように、横軸(東〜西…

  7. 【十大主星の場所】北の星で見る目上運

    北の位置は「目上・上司」や「親」を意味し、目上の人に対して発揮される自分の個性をみることが出来ます。目上の人である親や上司というのは、自分では選べません(ス…

  8. 【十大主星の場所】南の星で見る目下運

    南の位置は「目下・部下」や「子供」を意味し、年下や後継者に向けて発揮される自分の個性をみることが出来ます。自分が年を取れば取るほど、目下と付き合う機会が増え…

  9. 【十大主星の場所】東の星で見る仕事運

    東の位置は「兄弟」や「友人」を意味し、仕事や社会に向けて発揮される自分の個性をみることが出来ます。仕事をする以上、できることなら自分の能力を発揮しやすい職場…

  10. 【十大主星の場所】西の星で見る結婚相手の傾向

    「結婚は星を育てる」という意味合いから、西の場所の星を配偶者の星としています。まずは、女性の命式の西(右手)位置にある十大主星から、どんな男性と縁があり、ど…

最近の投稿

  1. 天中殺

    【天中殺】金を取った羽生くんとW杯で勝てなかった岡田監督
  2. 天中殺

    算命学の授業-天中殺突入-
  3. 干支

    【異常干支】特徴と年運に巡ってきた時
  4. 十大主星

    【十大主星の場所】南の星で見る目下運
  5. 十大主星

    【十干別の性格】鳳閣星と調舒星
PAGE TOP