庚の調候守護神

の特徴

は自然界では鉄鉱石を表します。目標を達成して人の役に立ち、結果を出さなければならない世界に生きています。

人に頼らず、自分自身の力で道を切り開き、頑張っていかなければなりません。は土から生まれます。土と離れられないという事は親離れしていないという意味になりますので、いつまでも親離れできていない場合には注意が必要です。なぜかというと、土から離れられないという事は、埋金になって世に出られない、役に立てない、ということに繋がるのです。

鉄鉱石()は、形を変えて初めて世の中の役に立つことができます。土は必要不可欠な存在ですが、土から自立する必要があるのです。
は土から掘り起こされ、さらに加工され、人に役立つ道具になることが大事です。道具にならないと価値がありません。

は「人の役に立つ道具になる」ということが達成できた時に生きがいや喜びを得ることができます。人の役に立つ喜びが守護神取りのポイントとなります。
古代の人は、地下マグマ()によって金属()の出来合いを見極めていたと言います。高い温度()の中を通過、あるいは錬られた金属は、良好な質として生まれ変わると言われていました。は虐げられて揉みくちゃにされればされるほど、凄まじい成長を遂げることができるということです。

で主に守護神となるのはなので、基本的には丙は守護神に取らない傾向があります。ただし、の代用としての活用はありです。

日干×月支の調候守護神

  • 冬は寒さが厳しい季節
  • 冬は太陽(火性)の力が一番弱く、水(水性)の力が強い
  • 水性の旺地
  • 庚は高温の丁で鍛えられ、水で錆びる
月支守護神守護神の役割十大主星に変換
第一 寒い冬では火性が弱まりますが、庚が人の役に立つためには高温の丁が必要となります。庚にとって丁は相剋関係にありますが、丁は庚を鍛えてくれる重要な存在です。 牽牛星
プライドを重んじて責任感を持つこと。几帳面さ。唯一無二の定評を得ることが大事。自己コントロール重要
第二 甲は第一守護神である丁の燃料(木生火)となってくれます。丁の応援として必要です。また、庚を錆びさせる水分を吸い上げる役割も果たします。 禄存星
車騎コーティングの禄存星なので、働いて稼ぐも大事、奉仕も大事。
第一 寒い冬では火性が弱まりますが、庚が人の役に立つためには高温の丁が必要となります。庚にとって丁は相剋関係にありますが、丁は庚を鍛えてくれる重要な存在です。
※亥月の第一守護神と同じ内容です。
牽牛星
プライドを重んじて責任感を持つこと。几帳面さ。唯一無二の定評を得ることが大事。自己コントロール重要
第二 甲は第一守護神である丁の燃料(木生火)となってくれます。丁の応援として必要です。また、庚を錆びさせる水分を吸い上げる役割も果たします。
※亥月の第二守護神と同じ内容です。
禄存星
車騎コーティングのある禄存なので、働いて稼ぐも大事、奉仕も大事。
第一 寒い冬では火性が弱まりますが、庚が人の役に立つためには高温の丁が必要となります。庚にとって丁は相剋関係にありますが、丁は庚を鍛えてくれる重要な存在です。
※亥月の第一守護神と同じ内容です。
牽牛星
プライドを重んじて責任感を持つこと。几帳面さ。唯一無二の定評を得ることが大事。自己コントロール重要
第二 甲は第一守護神である丁の燃料(木生火)となってくれます。丁の応援として必要です。また、庚を錆びさせる水分を吸い上げる役割も果たします。
※亥月の第二守護神と同じ内容です。
禄存星
車騎コーティングのある禄存なので、働いて稼ぐも大事、奉仕も大事。

Point

庚の守護神が丁の場合、十大主星に変換すると牽牛星になりますが、それに禄存星となる甲をプラスすると、「稼いで有名になること」や「一流になる必要性」「有名になれば世の中で活躍できる。世の中でより人の役に立てる。」という風に読み取ることができます。
牽牛星の出発点はしごかれること(剋される)から始まります。しごかれることで自制心が身につき、自己コントロールができるようになるのです。牽牛星を活性化したい場合は、早いうちから集団生活を経験することです。集団生活の中で、自分の行動がみんなにどういう影響を与えるか、迷惑をかけてしまうか、などを体感的に学ぶことができて自制心が育ちます。

日干×月支の調候守護神

  • 春は木性の旺地であり、木性のパワーが最大で金性が最弱となる
  • 庚にエネルギーをくれる存在(戊)が必要
  • 木強を抑えることが肝心
月支守護神守護神の役割十大主星に変換
第一 春に最弱となる金性の庚を応援してくれるのは戊です。そして、戊は、春の木性から攻撃を受ける相剋関係にあります。攻撃する側の木性のパワーを消耗させる働きもあるのです。 龍高星
親元から離れること。世間に揉まれて色んな経験をして体感的に学ぶこと。
第二 丁は庚を鍛えて強くする役割(火剋金)を果たします。また、強い木性を少し減らす(木生火)ことができます。 牽牛星
プライドを重んじて責任感を持つこと。几帳面さ。唯一無二の定評を得ることが大事。自己コントロール重要
第一 春に最弱となる金性の庚を応援してくれるのは戊です。そして、戊は、春の木性から攻撃を受ける相剋関係にあります。攻撃する側の木性のパワーを消耗させる働きもあるのです。
※寅月の第一守護神と同じ内容です。
龍高星
親元から離れること。世間に揉まれて色んな経験をして体感的に学ぶこと。
第二 丁は庚を鍛えて強くする役割(火剋金)を果たします。また、強い木性を少し減らす(木生火)ことができます。
※寅月の第二守護神と同じ内容です。
牽牛星
プライドを重んじて責任感を持つこと。几帳面さ。唯一無二の定評を得ることが大事。自己コントロール重要
第一 甲は土性(土用)を抑える働きがあります。また、木性は水を吸い上げて丁の燃料になります。 禄存星
車騎コーティングのある禄存なので、働いて稼ぐも大事、奉仕も大事。
第二 丁は庚を鍛えて強くする役割(火剋金)を果たします。また、強い木性を少し減らす(木生火)ことができます。
※寅月の第二守護神と同じ内容です。
牽牛星
プライドを重んじて責任感を持つこと。几帳面さ。唯一無二の定評を得ることが大事。自己コントロール重要

Point

春は金性が最弱なので、通常は庚が守護神に入ります。しかし、ここでは日干が庚であり、日干と同じものは守護神にとらない法則があるため、ここでは守護神に庚は出てきません

日干×月支の調候守護神

  • 夏は暑さが厳しい季節
  • 火性の旺地
  • 生まれた季節に、庚の基本守護神である火性(丁)が入り込んでいる。それは庚が道具になれるということ
  • 庚は目標達成、人の役に立つために生まれてきた
  • 火で溶かした庚は水で冷却(形・道具にするため)する必要がある
  • 火性が出すぎるところの水は水蒸気爆発が起こるので、注意が必要
  • 頑張るときと休む時のONとOFFの切り替えが必要となる
月支守護神守護神の役割十大主星に変換
第一 庚が夏の火性で溶かされた状態なので、水性で冷やして形を固める必要があります。 鳳閣星
のんびり、息抜きすること。楽しむことを大事にする。英気を養う必要性。
第二 第一守護神の壬と同じ意味もありますが、夏で火性が強いので、第二守護神でも水性を持ってくる必要があります。 調舒星
風流心を大事にすること。自分の感性を表現すること。没頭できる趣味を持つこと。
第一 庚が夏の火性で溶かされた状態なので、水性で冷やして形を固める必要があります。
※巳月の第一守護神と同じ内容です。
鳳閣星
のんびり、息抜きすること。楽しむことを大事にする。英気を養う必要性。
第二 第一守護神の壬と同じ意味もありますが、夏で火性が強いので、第二守護神でも水性を持ってくる必要があります。
※巳月の第二守護神と同じ内容です。
調舒星
風流心を大事にすること。自分の感性を表現すること。没頭できる趣味を持つこと。
第一 火性が金性を剋することで庚は変形できます。庚を鍛えるために必要です。 牽牛星
プライドを重んじて責任感を持つこと。几帳面さ。唯一無二の定評を得ることが大事。自己コントロール重要
第二 未の土用(土性)を抑える役割と、第一守護神の丁の燃料となる役割を果たします。 禄存星
車騎コーティングのある禄存なので、働いて稼ぐも大事、奉仕も大事。

Point

通常の庚は頑張ることが輝く原点になりますが、ここでは季節に庚を剋する火性が入っているので、ここに追加で火性を守護神に持ってくると頑張りすぎて歯止めが効かない可能性があります。夏の火性で庚は十分鍛えられているので、ここでは水性の守護神を持ってきます。冷却して形をとる感じです。そのため、息抜きする、休憩するなどの意味合いを含む鳳閣星となります。
巳月と午月の守護神の組み合わせは水性で固めています(壬+癸)。これは十大主星に変換すると鳳閣星と調舒星になります。バランスをとる守護神でも過多だと逆にバランスを崩す原因になりえます。そのため、この組み合わせで気をつける事は、遊びすぎていつまでも休んで怠けるのはダメです。遊び呆けていると水性が庚をさびさせて使い物にならなくしてしまう危険性もあるのです。なので、巳月と午月の守護神で気をつけるべき点は、オンとオフの切り替えを意識するということになります。

日干×月支の調候守護神

  • 秋は金性の旺地
  • 金性が最強ということおは木性が最弱になる。
  • 金性が強すぎると埋金になる可能性があるので木性を強めるのがポイント
月支守護神守護神の役割十大主星に変換
第一 多すぎる金性を溶かすためには丁を持ってくる必要があります。 牽牛星
プライドを重んじて責任感を持つこと。几帳面さ。唯一無二の定評を得ることが大事。自己コントロール重要
第二 金性が強いということは、木性は最弱になるので木性の補充と、丁の燃料のために必要です。また、木性は庚を生み出す土性を剋す(土から金性を掘り起こす)という役割も果たします。 禄存星
車騎コーティングのある禄存なので、働いて稼ぐも大事、奉仕も大事。
第一 多すぎる金性を溶かすためには丁を持ってくる必要があります。
※申月の第一守護神と同じ内容です。
牽牛星
プライドを重んじて責任感を持つこと。几帳面さ。唯一無二の定評を得ることが大事。自己コントロール重要
第二 金性が強いということは、木性は最弱になるので木性の補充と、丁の燃料のために必要です。また、木性は庚を生み出す土性を剋す(土から金性を掘り起こす)という役割も果たします。
※申月の第二守護神と同じ内容です。
禄存星
車騎コーティングのある禄存なので、働いて稼ぐも大事、奉仕も大事。
第一 金性が強いということは、木性は最弱になるので木性の補充と、丁の燃料のために必要です。また、木性は庚を生み出す土性を剋す(土から金性を掘り起こす)という役割も果たします。
※申月の第二守護神と同じ内容です。
加えて土用(土性)をほぐして抑える役割もあります。
禄存星
車騎コーティングのある禄存なので、働いて稼ぐも大事、奉仕も大事。
第二 多すぎる金性を溶かすためには丁を持ってくる必要があります。
※申月の第一守護神と同じ内容です。
牽牛星
プライドを重んじて責任感を持つこと。几帳面さ。唯一無二の定評を得ることが大事。自己コントロール重要

調候守護神一覧

調候守護神について

最近の投稿

  1. 天中殺

    【天中殺】金を取った羽生くんとW杯で勝てなかった岡田監督
  2. お知らせ

    【What’s New】六十干支全ての性格・特徴をリリース
  3. 十大主星

    十大主星の陽転の形
  4. 十大主星

    【十大主星】大運について
  5. 十二大従星

    晩年期にある十二大従星
PAGE TOP