算命学

【生まれ月別】2018年の運勢

今日は算命学で言う新年の始まりの日ということで、今私が通っている高尾学館で新年会が開催されました。 そこで、校長先生が月生まれ別での今年1年の運勢と天中殺に触れてお話をしてくださったので、特別に、皆さんにもシェアしたいと思います!

1月(丑)生まれ

少し人脈が広がります。
これまでの縁も含めて、新しい縁も広がりが見られます。なるべく人との交流を心がけると良いでしょう。

2月(寅)生まれ

心が安定して飛躍する年になります。
人が多く集まりやすく、人気を博します。それによって、自分自身の気分が向上します。

※天中殺以外の人は別です。

3月(卯)生まれ

男性よりも女性の方が比較的に運が強いです。
割と着実に物事を積み重ねることができるでしょう。何か2月のはじめに自分の目的を決めると、それが伸びてきます。

4月(辰)生まれ

結構多忙な一年になります。
細かいことで色々と動かなければいけないことが多くなります。そのために汗をかくことになります。

5月(巳)生まれ

自分の意見が通りやすく、目下との縁が深くなります。
目下の人との交流を深めましょう。

6月(午)生まれ

充実した一年になりますが、神経が細かくなりやすいでしょう。
自分の時間、空間を作ることを心がけて一息つく習慣を意識しましょう。

7月(未)生まれ

自分自身のペースを守りつつ、人のペースも理解してあげましょう。
自分をしっかり持った上で相手の話にも耳を傾けるように意識しましょう。

8月(申)生まれ

今年はできればプチ旅行や海外旅行をして気分転換をして、その土地の「光」を浴びて気分転換することを意識すると良いでしょう。

旅行は美味しいものや観光地に行って「光」を見ましょう。東京や大阪でも「光」の質や色は違ってきます。

9月(酉)生まれ

勉強の一年にしましょう。
ここで言う勉強とは、あらゆることに関心を持って学ぶ心を持ちましょうと言うことです。自分の身の回りに縁のある学びに積極的になることが大事になります。

10月(戌)生まれ

10月は「戌」月で、今年は「戌」年です。
自分のリズムを大切にし、この年に得た経験・体験は自分の力になりやすいので積極的にチャレンジしましょう。

11月(亥)生まれ

人のために奉仕して働いてください。
自分から難しいことをやろうとしなくて良いので、頼まれたことは素直にやってあげるように意識しましょう。

12月(子)生まれ

社会的な地位が上がり、評価されやすい年になります。
こういう年には、人の役に立てるように尽くすことを意識するとより飛躍できるでしょう。お金を出して尽くすのではなく、汗をかいて(体を動かして)尽くすという意味になります。

天中殺だからと行って、マイナスなことを考えすぎるとその想念がマイナスな現実を引き寄せてしまうので、必要以上に意識してマイナスなことを考えないようにした方がいいです。
天中殺の時期というのは、意味もなく、原因もわからずイライラしやすい時期でもあるので、そんな時は「天中殺だからだ」と自分に言い聞かせて、大事な決断はイライラが静まった翌日に繰り越してみるだけでも天中殺の威力を軽減することができます。

天中殺とは

天中殺一覧

ブログ・コラム記事

ピックアップ記事

  1. 「機」という言葉は一つの運
  2. 2019年を健康に過ごすための健康法
  3. 【陰占干支から感じる縁】丸岡いずみさんの代理出産
  4. 算命学で人を車に例えると
  5. 十大主星の陽転の形

関連記事

  1. 十大主星

    【十大主星】見た目の特徴

    算命学は外見、特に顔の特徴についても研究されています。本来、陰占で…

  2. 天中殺

    天中殺年のライフイベント

    両親の天中殺年で生まれた子供について父親の天中殺年で生まれた場合…

  3. 十大主星

    【十大主星の場所】北の星で見る目上運

    北の位置は「目上・上司」や「親」を意味し、目上の人に対して発揮される自…

  4. 天中殺

    算命学の授業-天中殺突入-

    こんにちは。manchuです。今週も算命学学校で授業を受けてきまし…

  5. 算命学

    【生まれ月別】2019年(己亥)の運勢

    算命学では2/4が新年の始まりということで、月生まれ別での今年1年の運…

  6. 十大主星

    【十干別の性格】龍高星と玉堂星

    十大主星は日干を基準にどの十干から生まれたかで星が決まります。そうする…

最近の投稿

オススメの本

電話占いヴェルニ
  1. 十大主星

    【十大主星の場所】南の星で見る目下運
  2. 十二大従星

    十二大従星

    晩年の位置にある十二大従星
  3. お知らせ

    【お詫び】十二支(地支方位)分類に誤記があり訂正
  4. 十大主星

    【十大主星の場所】西の星で見る結婚相手の傾向
  5. 十二大従星

    晩年期にある十二大従星
PAGE TOP