禄存星

禄存星(ろくぞんせい)の特徴

本能 五行
(陰陽)
キーワード 四柱推命の
通変星
引力
本能
土性(+) お人好し、奉仕精神、自分大好き、回転財 偏財

禄存星の第一の特徴は、人を惹きつけたいという本能です。愛されたい、好かれたいという根本的願望から、周りの人へ愛を注ぎます。禄存星はまさに、愛に満ちた星です。
この星は常に相手の立場に立って考え、その場に応じた行動をとり、人のために尽くします。目の前の人が満たされているのを見て自分も最高の満足感を得るのです。身内や他人に関係なく惜しみなく愛情を傾けようとするので、奉仕の星とも言われています。
また、この星には「経済」という意味もあり、愛同様、経済(財)をも引き寄せます。

愛情と財力という二つの現象がこの星を形成しているのです。

優しさはマザーテレサ級だけど異性から勘違いされやすい?

禄存星はとにかく誰に対しても優しくします。目の前に困っている人がいると、絶対にほっておけません。禄存星の男性はとにかく女性にモテます。普通、男の人はめんどくさがりで細かいところに目が行き届きませんが、禄存星は相手の立場に立って考えるのが得意なので、細かな気配りをサラッとできてしまうのです。男女ともに、禄存星は時に、見返りを求めない優しさが相手を勘違いさせることもしばしばあり、恋愛面でトラブルを抱えることもあるかもしれません。

この星は人が集まってくる(人を引き寄せる)星でもあるので、運気がいい時はいい人との縁に恵まれますが、運気がダウンしている時は悪い人も寄ってきやすく、騙されたりしやすいので気をつけましょう。しかも、禄存星は一度裏切られても、後日謝られたら簡単に許してしまったりします。そこがいいところではあるのですが、利用されないように気をつけましょう。

小銭よりも資産運用が得意な現実主義者

禄存星は愛に続いて財も引き寄せます。引力本能のプラスである禄存星は貯蓄が得意な司禄星とは違い、大きなお金を動かす回転財の星です。社会を回転させるための「回転財」で、大きく入ってきては大きく出ていく、という感じです。そのため、事業家や商売人として活躍できる星でもあります。

この星の思考は瞬間思考と言って、未来に対する希望や夢を抱くことなく、過去に対する後悔も少ないのです。
そのため、出処進退をわきまえないように見られがちですが、目の前に迫った苦難や困難に対応する現実的瞬発力は見事なものがあります。

人体図の位置から紐解く禄存星の傾向

人体図位置発揮相手特徴

(北)
目上
(親)
年齢と共に自分中心の考え方が強くなる。トップになれる性質を持つ。
右手
(西)
家庭
(配偶者)
経済的には晩年に資産を築く。わがままで甘え上手な正確が出やすい。

(中央)
自分
(性格)
心が広く愛情深い。奉仕の心を持ち、困っている人をほっておけない。自意識も強く物事を考える規模が大きい。
左手
(東)
友人
(兄弟姉妹)
人が集まってきやすく中心人物となる。優しすぎてお人好しに見られ利用されやすいので注意。

(南)
部下
(子供)
誰に対しても優しくできる。精神的統率力を持ち、晩年に大成。若い頃は動きが小さい。

自分の人体図を知りたい方はこちら

十大主星一覧

算命学のオススメ書籍

算命学王道書籍 中森じゅあん先生ファン必見 十大主星をもっと知りたい人へ 読みやすくて初心者向け 古いけど天中殺の真髄
強運をつかめる人幸運をさずかる人 中森じゅあんの算命学入門 「十大主星」占術入門 最新 算命学占い入門 天中殺算命占術

十大主星に関する記事

最近の投稿

  1. 十大主星

    【天中殺】十大主星別-年運の特徴と対策
  2. 天中殺

    【時事】森友学園問題の政界主要メンバー天中殺率
  3. お知らせ

    【What’s New】算命学占技「三分法」リリース
  4. 干支

    【異常干支】特徴と年運に巡ってきた時
  5. 十二大従星

    晩年期にある十二大従星
PAGE TOP