MENU
算命学を勉強中の方へお願い

互換中殺

自分が持つ5性格占い3運気占い本質占い天中殺占い相性占いなど、いろんな無料占いが盛りだくさんのサイト占いStockが新しくリリースしました!ぜひお試しください♪

目次

互換中殺とは

互換天中殺というのは、生年月日の陰占表において、生まれた年の干支(以下、生年干支)が持っている天中殺の範囲(十二支分類干支一覧の横列)生まれた日の支に存在し、生まれた日の干支(以下、生日干支)持っている天中殺の範囲が生まれた年の支に存在している命式のことを言います。

  • 通常、生日干支の天中殺を基準としますが、「1.互換天中殺」と「4.生日天中殺」の場合のみ、生年干支から天中殺を出します
例題1
例題2
例題3

年干支とは、個人のエネルギーの出発点とも言える場所になります。生まれる年が決まって初めて生まれる月、生まれる日が決定されて行きます。

年干支は自分の親に置き換えることができます。このことを前提として考えた時、互換中殺というのは、生年干支(親)と生日干支(本人)間でお互いが自分に不足している空間を持っていることになり、お互いが理解しがたい関係を生み出してしまうのです。本人と親との間では不自然なエネルギー交換が行われ、異国の人同士ばりに考え方や人生観などの価値観が異なってきます。

そのため、互換中殺を宿命に持つ人というのは、親と意思が通じあえず、お互いが助け合いたくても上手く噛み合わないといった状況になりやすいです。親から援助を得られにくい宿命であることから、初代の気とも言われており、自分一代で新しい家系を生み出セルほどの大きなエネルギーを持ち合わせています。一代運であることから、子供ができたとしても跡取りになる可能性が低いのも特徴です。

この互換中殺を持っている人は、生涯を通じて受け身に徹すれば波乱を避けていくことも可能です。

しかしながら、波乱の中でも逞しく生きていける強大なエネルギーを持っているので、能動的な人生を選んだとしても、波乱の中で得られる非凡な経験から大きな成果を上げる可能性も秘めています。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次