MENU
算命学を勉強中の方へお願い

宿命と運命の違い

自分が持つ5性格占い3運気占い本質占い天中殺占い相性占いなど、いろんな無料占いが盛りだくさんのサイト占いStockが新しくリリースしました!ぜひお試しください♪

目次

宿命は変えられないけど運命は変えられる

宿命と運命の違いは“変えられるか、変えられないか”です。

算命学では、生年月日を宿命と呼び、宿命を前提にどんな生き方をしていくか、どんな場所に身を置くかなど、自分の意志で取捨選択していくことを運命と言います。「宿命」と「運命」の二つが合わさって運勢ができていきます。

生年月日が同じ人はこの世にたくさんいますが、その後の運命(育つ環境や家族構成、人生の選択肢)が完全に一致する人は一人もいません。宿命と運命が合わされば、人間の数だけ運勢も存在することになります。

算命学は、宿命と運命を区別して占います。まずは自分の宿命を知り、宿命に沿った生き方を選択していくことが本来の良さを引き出すことにつながり、眠っていた個性に光を灯します。

宿命を知ってもらうこと、そして、宿命を最大限生かす生き方はどんな生き方なのか、そのために算命学を利用して欲しいと思います。

宿命に良いも悪いもない

どんな宿命を持って生まれようと、生まれた瞬間に幸・不幸が決まるわけではなく、宿命をいかに活かして、自分らしい人生を歩めるかどうかが幸・不幸の別れ道です。

親縁が薄い人は親に頼らない生き方をすることで自分の良さが発揮されるし、貧乏な家に生まれた人はその環境でしか得られない貴重な体験をすることで将来才能が開花するのです。

一見、不幸に思える境遇でも、決して無駄なことは一つもなく、神様の悪戯でもありません。

必ず自分に与えられた役割があって、人はこの世に生まれてきます。

生まれた境遇や、持って生まれた宿命に不平不満を言わず、目の前の課題に真摯に向き合い、自分の役割を全うすることが宿命を最大限生かすことにつながります。

さらに、自分なりの工夫や努力を加えて運命を変化させることができれば鬼に金棒です。

人は誰しも、他人と自分を比べて落ち込んだ経験があるはずです。その失望が大きければ大きいほど、自分の宿命を否定するような生き方を選んだり、自分の本来の良さに気づけないまま迷いの人生を歩んでしまいます。

そんな迷える人たちも、算命学で学びを深めていけば、自分らしさや自分の長所・短所を客観的に見つけることができ、宿命を活かした楽な生き方を選べます。自分にとって心に矛盾がなく、納得感を持って人生の取捨選択をしていけたら、未来が明るくなりますよね。

運命は宿命と環境間に生まれるエネルギー燃焼度

運命とは、持って生まれた宿命と、その人の周りを取り囲む環境との間に生まれる、エネルギーの燃焼度のことを言います。

例えば、同じ生年月日のAさんとBさんがいたとして、二人の宿命にはスポーツマンとしての才能があるとします。Aさんの両親は体育会系でAさんが小さい頃からスポーツをしやすい環境で育ったとします。一方、Bさんの両親はスポーツに全く興味を持たず、Bさんには勉強ができる子になってほしいと願い、英才教育を受けたとします。

結果、Aさんの方は、自然と自分の生まれ持った才能を発揮しやすい環境であったために、Aさんはスポーツ選手として活躍する運命を辿る事になります。Bさんの方は、努力の甲斐あって勉強はそこそこできる大人になったのですが、大好きなスポーツで花を咲かせることは叶いませんでした。

AさんとBさんを比較して、Aさんの方が成功者だと思うかもしれませんが、そうとは限りません。スポーツ選手は息が短い職業なので、現役を引退した後、ほとんど勉強してこなかったことで苦労することになるかもしれません。Bさんはスポーツ選手にはなれなかったけど、勉強がそこそこできたので、その後アナウンサーになって安定した収入を得ながら、テレビで大好きなスポーツの解説ができるかもしれません。

自分の宿命を知り、自分の才能を活かしやすい環境に身を置いた方が、最短スピードで成功できる可能性は高まります。しかし、遠回りしたとしても、人間的成長が見込めて成功する度合いが膨らむかもしれません。

以上のことから、算命学で占う時は、広い視野がとても必要になります。目先のことだけを見れば不幸に見えても、長い目で見れば幸せへと続いていることがほとんどです。

人の本質(宿命)を変えることはできませんが、自分が置かれている環境(習慣)を変えることで、宿命と環境間に生まれるエネルギー燃焼度である“運命”は変えることはできます。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる