MENU
算命学を勉強中の方へお願い

循環法

自分が持つ5性格占い3運気占い本質占い天中殺占い相性占いなど、いろんな無料占いが盛りだくさんのサイト占いStockが新しくリリースしました!ぜひお試しください♪

目次

循環法とは

循環法では、その人の精神の中心になる星(を導き出すことができます。人の精神的な部分(ものの考え方など)は、陽占から推察しますので、陽占を使います。

まず、陽占に現れる十大主星の相生関係を見つけ出し、その相生関係がストップする(循環が止まる)星を探します。

  • 相生関係(循環)の出発点はどこから始めてもOK

循環法では相剋は使えませんので、陽占に相剋や比和しかない場合は、循環して止まる星を導き出せません。その場合は、文字通り、人体図の中心に位置する星が“精神の中心になる星”(循環が止まった星)だと考えてください。

もし占いに来た人が「私はどんな風に生きたら良いでしょうか?」と聞いてきたら、この循環法を用いると効果的です。

例題1

この命式の場合、相生関係(循環関係)は、禄存星(土性)→車騎星(金性)→玉堂星(水性)→貫索星・石門星(木性)となり、循環が止まるのは木性の貫索星と石門星になります。

従って、「貫索星」と「石門星」が精神の中心星だと考えます。

例題2

この命式の場合、相生関係(循環関係)は、司禄星(土性)→牽牛星(金性)のみです。

従って、「牽牛星」が精神の中心星だと考えます。

例題3

この命式の場合、相剋と比和の関係しかなく、相生関係(循環関係)はありません。

従って、人体図の中心に位置する「禄存星」が精神の中心星だと考えます。

循環法で導き出す「極」(精神の中心)になる星

貫索星保守的な考え方で行くのが良いです。
変に冒険したり、改革を求めたりしないで、自分の信念に忠実に、時間をかけてじっくりどっしり成長していけば良いのです。自分の技術力を磨いていけば、自立した生き方につながります。
石門星集団の中で守りに徹し、集団の平和を第一に考えて行動するのが良いです。
集団単位で物を考える場合、平等精神が重要になります。みんなに通用する一つの基準が平等精神であり、分け隔てなくたくさんの人と接することを心がけてください。交渉ごとに長けています。
鳳閣星自分の財産や資源を放出することで人徳を得ることができます。太陽をイメージすればわかりやすいですが、自分のエネルギーを消耗、無駄遣い、散逸することが、人気を得る近道です。無駄(遊び)をすることで良さが出ます。
調舒星他人との交流を嫌い、人が自分より劣っているように見えてしまう天才型です。バカと天才は紙一重なので、必ずしも天才とは限りませんが、バカか天才のどちらかです。孤独の中で自分の世界に磨きをかけることで、個性が天才にもバカにもなります。
禄存星受け取り上手で、悪い因縁も良い因縁も引き受ける器があります。くるもの拒まず、去る者おわず、の精神が良いです。引き受けることで相手を幸せにすることができ、もらい上手な生き方が結果的に世のため人のためになります。良くも悪くも因縁を蓄積する人です。
司禄星物事をまとめて整理整頓することが得意です。物事をきちんと治めることができ、後始末が上手です。しかし、大きいものを大きいまままとめるのではなく、大きかったものをコンパクトにまとめるということです。小さくするから上手くまとめることができるとも言えます。
車騎星人が嫌がることを引き受けます。でも、あくまでそういう役目が回ってきてしまうだけで、自分から率先して引き受けるわけではありません。
みんながたらい回しにして来たことが、この人に回ってくると果敢に立ち向かいます。争いごとや、人から嫌われることをみんな嫌がりますが、それらを引き受けてくれる奉仕の精神を持っています。
牽牛星建設的なものの考え方をします。何かを作り出すための準備をする使命感と、平均的・バランス感覚に優れた思考から、破壊的な考え方には至りません。構築することを前提として、淡々と努力を積み重ねることができ、スマートに物事を遂行します。
龍高星じわじわと人に影響を与え、変化をもたらします。相手を変化させることができるのです。周囲の人は、いつの間にか、この人のペース、思考法に準ずる行動をとってしまうのです。清濁合わせ呑み、いつの間にか、大きな波を起こすことができます。
玉堂星仙人や神様など、偉大な天下人のような人物を支える「杖」となって、人を支えるという意味が込められます。元々、知性や学問に結びつく星なので、人を育てたり人を支援する生き方が良しとされています。

十大主星の詳細は下記リンクから見れます。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次