MENU
算命学を勉強中の方へお願い

十二大従星– 一生の時間(空間)を12の世代で分類 –

基礎編十二大従星

十二大従星(じゅうにだいじゅうせい)は人間の時間の推移から考えられ、一生の時間(空間)を12の世代で分類し、それぞれの世代の特徴を星で表したものです。

通常、人間の一生は生まれてから死ぬまでの間をいいますが、算命学では、母体の中にいる時から死後の世界に至るまでの期間を一生と考えています。

十二大従星世代エネルギー値キーワード
天報星胎児3(身弱)囚の位可能性、変化、気分屋
天印星赤子6(身弱)無邪気、人脈、明るい
天貴星児童9(身中)相の位真面目、正直、自意識
天恍星少年・少女7(身中)夢、恋愛、迷い、憧れ
天南星青年10(身強)旺の位若さ、突進、挑戦
天禄星中年11(身強)冷静、堅実、補佐
天将星家長12(身強)地位、プライド、ワンマン
天堂星老人8(身中)休の位退く、マイペース、経験豊富
天胡星病人4(身弱)感性、知恵、心身弱い
天極星死人2(身弱)死の位お人好し、受け身、自由
天庫星入墓5(身弱)粘り、一途、凝り性
天馳星彼世1(身弱)役割、閃き、多忙

この十二大従星の世界は、一つ一つの時間単位がそれぞれの世界を持っており、比較し合うものではありません。

「天将星」や「天禄生」、「天南星」という壮年期の星は、エネルギーは強いものの、その分過酷な試練を与えられます過酷な試練を乗り越えるために強いエネルギーを授かっているということです。

逆に「天極星」や「天馳星」などの死位の星はエネルギーが弱い分だけ精神的な内面の強さを発揮できるようになっています。

「どの星が成功しやすい」や「どの星なら不幸になる」ということはなく、それぞれの星が持つ「時間の特徴」の良し悪しを理解し、自分の人生に活かしてくことが大事です。

12