MENU
算命学を勉強中の方へお願い

生月天中殺

自分が持つ5性格占い3運気占い本質占い天中殺占い相性占いなど、いろんな無料占いが盛りだくさんのサイト占いStockが新しくリリースしました!ぜひお試しください♪

目次

生月天中殺とは

生月干支が天中殺になっているので、いかに料理するか・・・ = 生月を無くす → 家系をなくす。
家系をなくすとは「他の家系に入る」という事 → 養子・養女

生月天中殺というのは、生日干支の天中殺の範囲十二支分類干支一覧の横列)が生まれた月の支に存在している命式のことを言います。

例題1
例題2

算命学では、生まれた月の干は「社会の場所」、生まれた月の支は「家系の流れの場所」とみなします

そのため、生月天中殺は社会と時代を示す位置に本人に不足している空間があることになります。また、生月天中殺は本人の性別で現象が違ってきます

男性が生月天中殺を持っている場合、社会に背いた行動を起こしやすく、はみ出しもの的な立場になりやすく、周りには奇人変人にうつります。ただし、平穏な勤めの世界で働けば、出世競争に一切興味を示さず、同じ地位でも不満を漏らすことなく勤め上げることができます。
もう一つの特徴として、生月天中殺を持っている人というのは、古い伝統を無理してでも守ろうとしたり、文明社会に興味を持てず原始的な生活をしようとしたり、普通の人がやらないことをやりたがる傾向もあります

女性が生月天中殺を持っている場合(独身のキャリアウーマンの場合は男性として見ます)、家庭内において夫を通じて社会を知りますので、自分の持っている生月天中殺のエネルギーが夫に移行します。その結果、夫婦間に溝ができてしまったり、夫が社会に背くことになります。ただし、これは夫の命式が普通の人である場合です。夫の命式も普通じゃない場合(例:宿命天中殺を持っている、もしくは異常干支所持者、など)は、お互い違和感を感じることなく生活できます。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる