MENU
算命学を勉強中の方へお願い

日居天中殺

自分が持つ5性格占い3運気占い本質占い天中殺占い相性占いなど、いろんな無料占いが盛りだくさんのサイト占いStockが新しくリリースしました!ぜひお試しください♪

目次

日居天中殺とは

算命学で「居」は「精神的な天上」を表します。

日居天中殺は、六十干支の中で甲辰乙巳の二つを言います。この二つの干支が日干支にある場合のみ該当します。

日居天中殺の人というのは、東と西が欠ける天中殺なので、過去も未来も今もないため、どこに行ってもバランスを取れず、アンバランスな人になります。その代わり「無の強さ」を持っており、迫力があります。アンバランスさを個性にして自分なりの「バランスだ」と捉えることができるといいです。

日居天中殺を持つ人は見掛け倒し?

正直で働き者で、見た目は逞しく(特に甲辰)見えます。「精神的な天上」が欠けている天中殺なので、地上への傾斜があり、肉体的・物質的なものは強そうに見えるのです。その割(携わってきたの)に、物事の真髄を理解できていないことが多く、なかなか成果が出にくい人でもあります。

そのため、日居天中殺の人に物事を依頼する時は、あまり期待せず、失敗ありきで依頼するのが良いでしょう。無難なのは、保護者のような人が付き添って見守るのが良いです。中年期以降でもそうなので、年齢は関係ありません。

日居天中殺を持つ人は現実と精神のギャップが激しい

日居天中殺の人は精神の貴人現実の野人と言われており、言っている事は素晴らしいのにやっている事はとんでもないのです。その原因は、幼心が根底にあるからです。保護者がいない限り、社会からはみ出してしまう傾向があります。上流で生まれながら、庶民的な遊びを好んでします。庶民的な家庭で生まれながら高級心を持つなど、現実と精神のギャップが激しい人です。

日居天中殺の人は若い時に年配の人天堂星)と付き合うのがよく、年をとったら若い人天恍星)と付き合うのが良いです。
同年代と付き合うと信頼関係を築きにくいところがあるので、年齢差がある人との交流が運に安定感をつけるコツです。そうする事で、自分のアンバランスを和らげる事ができ、社会でのギャップを埋める事ができます

アンバランスさは宗教心(信仰心)などの精神的な哲学を自分なりに持って、精神的な落とし所を上手くつけれるように、自分なりに考えて確立させる事が大事です。

  • 宗教心(信仰心)とは、自分の体現となる親や先祖、大自然、宇宙・・・などに感謝できる心を自然に持てるようにする事です。

日居天中殺を持つ人は“異世界”がキーワード

日居天中殺の人は、生まれた家のカラーとは違う生き方をする傾向があります。例えば、商人の家に生まれた日居天中殺が、音楽の才能が開花してその道で大成したりします。

結婚する相手も、自分とは全く別分野(別世界)の人との結婚じゃないと上手くいきません。同じ畑同士で結婚しないように意識しましょう。年齢差、職業の差、生い立ちの差など、異世界の人との結婚の方が上手くいきます。

親の結婚生活が上手くいってると、その子供の日居天中殺の結婚生活は上手くいかなかったり、親の結婚生活が日居天中殺の子供には影響しません。逆も然りで、親の結婚生活が上手くいっていなくても、日居天中殺の子供の結婚生活は上手くいきます。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次