天中殺

天中殺は大きく分けて「運命天中殺」と「宿命天中殺」の2種類に分けられます。

運命天中殺

運命天中殺とは、人生の運気において「12」を周期に「2」の単位で訪れる“空間”が存在しない期間のことを言います。
人間の一生を120年としたとき、その内20年間のことを大運天中殺としており、12年間周期では2年間のことを天中殺、12ヶ月間では2ヶ月間のことを月天中殺、12日間では2日間のことを日天中殺…といった風に「12」を周期で運気の流れを考えます。

この内、大運天中殺に関しては生きてる内に巡ってこない人もいます。
20年間という長期間で天中殺を考えた時、経験が伴っていれば飛躍しやすい期間になるため、大運天中殺は天中殺の中でも別格として解釈します。大運天中殺が生きてる内に巡ってくる人はラッキーな人です。
ただし、初年期にこの大運天中殺が巡ってくると、人生における経験値が伴わないため飛躍の度合いが小さくなります。できれば中年期~晩年期に大運天中殺が巡ってくるのが理想と考えます。

世の中的には運命天中殺のことを、細木数子さんの「大殺界」や、ゲッターズ飯田さんの「裏運気」などで例えられています。

運命天中殺が巡ってくる時期の特徴

運命天中殺が巡ってくる時期というのは、“のれんに腕押し”的な感じで、社会に向けてどんなに働きかけても期待通りの結果が得られにくい時期です。
この時期は自発的な行動を控えて受け身に徹して、過去の10年間(10ヶ月、10日間)の疲れを癒やし、次の10年間(10ヶ月、10日間)に繋げるための準備を行う時期です。そのため、外に結果を求めて行動するよりも、自分の内面と向き合うことに時間を割いたほうがいい時期なのです。
また、自分らしさが失われる時期でもありますから、その時期に決断したことは天中殺が過ぎ去った後に「なぜあんなことを決断をしたのだろう?」と後悔することがあります。極力引越しや転職、結婚など、長期的な人生の岐路となる決断は避けたほうが良いでしょう。
ただし、「会社の方針で部署が異動になり、それに伴い引越しすることになった」など、自発的な決断ではなく受け身の状況による変化であれば、受け入れるべきです。逆に、自我を出して会社の通達に逆らって異動がなくなるように働きかけることのほうが能動的に動いたことになります。そうすると、環境の変化を逃れたとしても人間関係でいざこざが起きたり、何かしらのトラブルに巻き込まれる可能性が高くなります。

ちなみに、結婚に関しては男性の運気の方が大きく影響するので、女性が天中殺でも男性の運気がよければ結婚に踏み切っても大丈夫です。
そうは言っても、晩婚化が進んでいる今日では「これ以上結婚の時期を先延ばしに出来ない!」や「子供を産むことを考えると天中殺があけるのを待ってられない!」などの声も多くあると思います。
そんな方々のために、天中殺中の結婚でも天中殺の影響を受けにくいケースがありますので、ご紹介致します。

運命天中殺中の結婚が上手く行くケース

算命学でいう「1) 結婚の定義」や「2) 結婚生活が始まったとみなされるタイミング」には下記があります。

1) 結婚の定義
  • 男性が年上で女性が年下
  • 子供がいる
2) 結婚生活が始まったとみなされるタイミング
  • ひとつ屋根の下で暮らしだした日
  • 初めて結ばれた日
  • 婚姻届提出日
  • 結婚式の日

もし、天中殺中に「2) 結婚生活が始まったとみなされるタイミング」に該当する点がいくつか含まれていても、下記のように「1) 結婚の定義」から外れていれば天中殺の影響を受けにくくなります。

  • 女性が年上で男性が年下
  • 子供を作らない

また、下記のパターンでも天中殺の影響を受けにくいと言われています。

  • 双方かどちらか一方が離婚を経験
    一度失敗していることで結婚に対する期待感が薄く、相手に多くを求めすぎず柔軟に生活できるため。
  • 夫婦の年齢差が大きい
    もともと育ってきた社会情勢や生活環境や流行が違うため、お互いの違いを受け入れてわかり合う努力をするため。
  • 国際結婚
    育った環境が違いすぎることで世間一般の結婚とは異なるため。お互いの違いを認め合えればいい関係を築ける。

算命学や天中殺のことを深く知り、現代に沿った活用ができるといいですね。

運命天中殺中の開運アクション

基本的に天中殺の時期は積極的に行動しないほうがいいのですが、すぐに結果や成果を期待しない行動は吉アクションです。例えば、知識を蓄えるための勉強や、ボランティア活動や人に見返りを求めずに尽くす行為が吉アクションに該当します。

天中殺の時期を冬に例えたように、天中殺の時期は「蓄える」には最適な時期です。この時期に勉強して学んだことは自分の栄養になりやすく、天中殺が明けてからぐんぐん成長します。この時期をどう過ごすかで、次の10年間で大きく飛躍できるかが決まるほど重要な時期でもあるのです。

運命天中殺の導き出し方

運命天中殺は日干支の十干十二支の組み合わせから導き出します。

下記組み合わせの中で、十干に空欄が2箇所(ピンクの部分)出てきます。

十干
十二支

上記のようにできる空欄のことを運命天中殺としています。
※この場合、戌亥が空欄なので「戌亥天中殺」ということになります。

この組み合わせがあと5巡分あり、運命天中殺は全部で「子牛、寅卯、辰巳、午未、申酉、戌亥」の組み合わせで6種類あります。

日干支は自分の行く末・未来を表しており、日干支から導き出す運命天中殺は自分の行く末を示していると捉えます。

運命天中殺の種類と特徴

運命天中殺は方位で分類されています。その方位が象徴するもの(相手)と自分の間に「空欄」「欠け」があると考えるのです。そのため、天中殺からは自分の欠点や弱点がわかるのです。また、その欠点、弱点から逆転の発想で長所も見いだすことができます。

宿命天中殺

前述した運命天中殺は生きている限り、誰もが経験する運気上の時期のことを指しますが、宿命天中殺は「宿命」がついている通り、生まれながらにして所有する人と所有しない人が存在します。
生年月日から導き出した命式から、宿命天中殺の有無を確認できます。

宿命天中殺を持っている人は、生涯天中殺の中にいると捉えるため、後天的に運命天中殺が巡ってきた時に影響を受けにくい特徴もあります。生まれながらにして、天中殺に対する免疫がついているからです。

宿命天中殺を持っている人というのは、みんなが感じていない違和感を感じたり、家族間で理解し合えなかったり、思うように助け合えない孤独を感じながら生きることになります。しかし、宿命天中殺を持つ人は、普通の人が感じる苦労を多く経験することになるため、その苦労を乗り越えるだけの大きなエネルギーを与えられています
宿命天中殺を持っているからといって成功できる、成功できない、は関係ありません。あくまで、人生を楽に生きるための手段として自分の宿命を知っておいた方が得だと受け入れて欲しいです。そうすれば、辛い場面に遭遇しても割り切って対処できます。

また、宿命天中殺を持っている人というのは、自分自身に正直で、ありのままの自分を尊重して生きようとします。それが時に純粋さや素朴さとなって人の目に映ります。

1.互換中殺

互換天中殺というのは、生年月日の陰占表において、生まれた年の干支(以下、生年干支)が持っている天中殺の範囲(十二支分類干支一覧の横列)が生まれた日の支に存在し、生まれた日の干支(以下、生日干支)が持っている天中殺の範囲が生まれた年の支に存在している命式のことを言います。

※通常、生日干支の天中殺を基準としますが、「1.互換天中殺」と「4.生日天中殺」の場合のみ、生年干支から天中殺を出します

  • 【例題1】

  • 【例題2】

  • 【例題3】

年干支とは、個人のエネルギーの出発点とも言える場所になります。生まれる年が決まって初めて生まれる月、生まれる日が決定されて行きます。年干支は自分の親に置き換えることができます。このことを前提として考えた時、互換中殺というのは、生年干支(親)と生日干支(本人)間でお互いが自分に不足している空間を持っていることになり、お互いが理解しがたい関係を生み出してしまうのです。本人と親との間では不自然なエネルギー交換が行われ、異国の人同士ばりに考え方や人生観などの価値観が異なってきます。

そのため、互換中殺を宿命に持つ人というのは、親と意思が通じあえず、お互いが助け合いたくても上手く噛み合わないといった状況になりやすいです。親から援助を得られにくい宿命であることから、初代の気とも言われており、自分一代で新しい家系を生み出セルほどの大きなエネルギーを持ち合わせています。一代運であることから、子供ができたとしても跡取りになる可能性が低いのも特徴です。

この互換中殺を持っている人は、生涯を通じて受け身に徹すれば波乱を避けていくことも可能です。しかしながら、波乱の中でも逞しく生きていける強大なエネルギーを持っているので、能動的な人生を選んだとしても、波乱の中で得られる非凡な経験から大きな成果を上げる可能性も秘めています

2.生年天中殺

生年天中殺というのは、生日干支の天中殺の範囲(十二支分類干支一覧の横列)が生まれた年の支に存在している命式のことを言います。

  • 【例題1】

  • 【例題2】

互換中殺の章で説明した通り、本人から見て年干支は親として見ることができますので、本人に不足している空間を親が持っているということになり、親に対して自分の意思や価値観を表現するのが困難な状態になります。親から見て本人に対しては何ら違和感を感じていないのに、本人からすると親に対して違和感を抱きやすいという感じです(一方通行な違和感)。
生年天中殺の人は親の力を借りることができない孤独な宿命を持っているため、若い頃に片親が亡くなってしまったり、早くに親元を離れて独り立ちせざるを得ない状況に立たされます。また、親からの愛を受けるのが困難なため、母国を離れて他国で生活する人も少なくありません。ただ、その方が本人も違和感を感じることなく社会生活をおくれるようになるので、親元を離れることになるのは不幸なことではありません

3.生月天中殺

生月天中殺というのは、生日干支の天中殺の範囲(十二支分類干支一覧の横列)が生まれた月の支に存在している命式のことを言います。

  • 【例題1】

  • 【例題2】

算命学では、生まれた月の干は「社会の場所」、生まれた月の支は「家系の流れの場所」とみなします。そのため、生月天中殺は社会と時代を示す位置に本人に不足している空間があることになります。また、生月天中殺は本人の性別で現象が違ってきます

男性が生月天中殺を持っている場合、社会に背いた行動を起こしやすく、はみ出しもの的な立場になりやすく、周りには奇人変人にうつります。ただし、平穏な勤めの世界で働けば、出世競争に一切興味を示さず、同じ地位でも不満を漏らすことなく勤め上げることができます。
もう一つの特徴として、生月天中殺を持っている人というのは、古い伝統を無理してでも守ろうとしたり、文明社会に興味を持てず原始的な生活をしようとしたり、普通の人がやらないことをやりたがる傾向もあります

女性が生月天中殺を持っている場合(独身のキャリアウーマンの場合は男性として見ます)、家庭内において夫を通じて社会を知りますので、自分の持っている生月天中殺のエネルギーが夫に移行します。その結果、夫婦間に溝ができてしまったり、夫が社会に背くことになります。ただし、これは夫の命式が普通の人である場合です。夫の命式も普通じゃない場合(例:宿命天中殺を持っている、もしくは異常干支所持者、など)は、お互い違和感を感じることなく生活できます。

4.生日天中殺

生日天中殺というのは、生年干支の天中殺の範囲(十二支分類干支一覧の横列)が生まれた日の支に存在している命式のことを言います。

※通常、生日干支の天中殺を基準としますが、「1.互換天中殺」と「4.生日天中殺」の場合のみ、生年干支から天中殺を出します

  • 【例題1】

  • 【例題2】

生日天中殺というのは、親から見て本人に違和感を感じることになりますので、本人は至って平穏に暮らしているつもりでも、親からすると子供が奇人変人に見えます。これは、「2.生年天中殺」の逆で、親が本人に対して一方通行に違和感を感じている状態です。その違和感が「親に心配をかける子供」といった状態になりやすく、後天的に他家の養子になったり、おじいちゃんおばあちゃんに育てられたりします。その状況は別に不幸ではなく、そういったことが向いている人が世の中にいるということは、それぞれに幸せの形があることの証明にもなるのです。人が違和感や不満を持ち続けたり、失望することが連続して起きたりするのは、宿命に沿った人生を歩んでいないというメッセージなのかもしれません。

5.日座天中殺

日座天中殺というのは、六十干支の中で甲戌乙亥の二つを言います。

宿命天中殺の中でも純粋な宿命天中殺を言われており、六十干支の1週目の余りに該当するところに位置します。天中殺という概念の出発点という意味で、天中殺の第一人者です。

日座天中殺を持つ人というのは、日干支そのものが天中殺ということになりますが、日干は「現実世界の自分を表現するパイプライン」とみなします。ということは、現実世界の中で違和感を感じてしまうということです。
そんな日座天中殺のいい所は、現実世界で言う不自然な家庭や状況において、うまくやっていけることです。子供を産まないとか、週末婚や国際結婚などなど…。そんな一風変わった状況において、日座天中殺を持つ人は見事に順応できます。もし、日座天中殺を持つ人が普通の家庭を持つことになったら、生まれた子供が男の子の場合(算命学では女の子を子供と解釈しないため)に病弱になったり、子供が健康な場合は夫婦間に溝ができたり配偶者の仕事に陰りが見えたりと、子供と夫婦間のどちらかに不和が生じやすいです。

そんな一方で、日座天中殺を持つ人は、きっかけ作りが上手いという特徴があり、頭がキレる人が多いです。

日座天中殺の人は、不完全さの中に美を見出すところがあり、芸術の世界で活躍しやすい人とも言えます。

6.宿命二中殺

宿命二中殺というのは、一つの命式で「2.生年天中殺」と「3.生月天中殺」を持っている状態です。

  • 【例題1】

  • 【例題2】

前述している「2.生年天中殺」と「3.生月天中殺」を見ていただいた方はわかると思いますが、もう自分以外頼れるものはない、といった感じです。ただ、算命学では、宿命二中殺を持つ人は精神世界において大成すると言われているほど、精神面での成長が目まぐるしい人生となります。生年天中殺によって親には助けてもらえず、生月天中殺によって社会で生きづらさを感じるわけですから、精神世界に身を投じて自分を高めようとします
子供運としては、男の子より女の子に縁があり、女系家族になりやすい人です。

7.同一中殺

同一中殺とは、「8.相互中殺」と同様、個人の宿命天中殺ではなく、相手があって成立する宿命天中殺で複数人存在します。
例えば、自分の天中殺が午未天中殺だったとして、同じ午未天中殺の人がいれば、その人は同一中殺の相手ということになります。
天中殺は運命事態の深呼吸と同じことであり、同一中殺の人とは呼吸のタイミングが会う、ということになるのです。運気の流れが同じになるので、辛いときは辛さを分かち合い、嬉しい時は一緒に盛り上がることができる間柄です。波長が合うので、お互いの理解度も深く、長い付き合いになりやすい相手となります。ただ、自分の運気が下がった時に同一中殺の相手も運気が下がっているということが言えるので、運気が悪い時は一緒にいると運気が沈む速度も加速する可能性はあります。上司と部下という風に世代にひらきがあれば補えますが、同期や同級生という風に同格の立場の場合に注意が必要です。

同一中殺の夫婦というのは結婚生活において、一つのことにエネルギーを集中しやすいため、協力関係は非常に築きやすいです。しかし、一度夫婦間に溝ができると足の引っ張り合いになりやすいでしょう。

8.相互中殺

相互中殺とは、「7.同一中殺」と同様、個人の宿命天中殺ではなく、個人対個人(二人)の間に成立する宿命天中殺です。
例えば、自分の生日干支の天中殺の範囲(十二支分類干支一覧の横列)が相手の生まれた日の支に存在していて、また、相手の生日干支の天中殺の範囲が自分の生まれた日の支に存在する状態です。

  • 【例題】

お互いにないものをお互いがドンピシャで持っているため、西洋人対東洋人というくらい、お互いが持っている価値観や人生観が異なります。相性が良いとは言い切れませんが、とても縁が深い二人ですし、お互いのない部分を補うという観点からすると、人生において助け合える二人とも言えます。

相互中殺の夫婦の場合は元々異質なもの同士の組み合わせのため、夫婦の間に溝ができたとしても、「7.同一中殺」のように悪循環は起きにくいです。ただし、結婚生活において子供がいる場合、相互中殺同士だと意見が合わないためギクシャクして子供に気を使わせてしまうかもしれません。そのため、夫婦関係よりも、社会生活における関係の方が相互中殺同士は上手くいきます

天中殺に関する記事

天中殺の理解が深まる書籍

古いけど天中殺の真髄 天中殺や大殺界が怖くなくなる 四柱推命の観点から理解を深める 六星占術の観点から理解を深める 五星三心占いの観点から理解を深める
天中殺算命占術 万象算命学 空亡占い 最新版 六星占術宿命大殺界 ゲッターズ飯田の 裏運気の超え方

最近の投稿

  1. 算命学

    算命学で人を車に例えると
  2. 十大主星

    【十大主星の場所】西の星で見る結婚相手の傾向
  3. お知らせ

    【What’s New】六十干支全ての性格・特徴をリリース
  4. 十二大従星

    晩年期にある十二大従星
  5. 十二大従星

    十二大従星の2連変化
PAGE TOP