位相法

位相法は次の8種類に分かれます。

出会いや融合・調和を表す
別れや分散・分離を表す
三合会局 半会 支合 方三位 対冲 害法 刑法

「合」のグループが吉、「散」のグループが凶と捉えがちですが、その時の状況によってどちらがいいとも言い切れません。
なぜなら「合」は拡大などの意味もあるのですが、悪いことも拡大する可能性も秘めているからです。また、「散」に関しては、悪運や悪縁を断ち切りたい時に後転運で回ってきたら、その時期に断ち切ることができる可能性があるためです。

このように、その時の状況や境遇によって、柔軟に捉えていくことが大事になります。

最近の投稿

  1. 十大主星

    十大主星の同星3連変化
  2. 十大主星

    【十干別の性格】車騎星と牽牛星
  3. 十二大従星

    初年期(若年期)にある十二大従星
  4. 十大主星

    【十大主星の場所】東の星で見る仕事運
  5. 干支

    【陰占干支から感じる縁】丸岡いずみさんの代理出産
PAGE TOP