干合法

干合法とは、算命学においてとても重要な決まり事です。男女の相性占ではもちろん、それ以外にも様々な方面で活用できる技術です。簡単に説明すると、天の気(甲、丙、戊、庚、壬)と地の気(己、辛、癸、乙、丁)が融合することをいいます。

干合とは天の気と地の気の融合

空間を表す十干には陽干と陰干があります。陽干は甲、丙、戊、庚、壬の5つであり、天の気を表します。陰干は己、辛、癸、乙、丁の5つであり、地の気を表します。

太陽が東から登って西へ沈んでいくように、天の気は甲(東:木性)からスタートして相生関係「甲→丙→戊→庚→壬」の順番で巡っていきます。
地の気は地球を表す己(中心:土性)からスタートして相生関係「己→辛→癸→乙→丁」の順番で巡っていきます。

太陽(天の気)は東から西に沈み、地球(地の気)は西から東に回っています。私たち人間は、その太陽(天の気)と地球(地の気)が融合した空間(地上)で生きていて、その二つが融合した「目に見えない気(心)」を持っているのです。この、異次元の融合、合体のことを干合と表しています。この干合法は化学反応のようなもので、二つが合体することで別の性質のものが出来上がります。

天の気
木性

火性

土性

金性

水性
地の気
土性

金性

水性

木性

火性
干合甲己
土性
丙辛
水性
戊癸
火性
庚乙
金性
壬丁
木性

月干支の成立に隠れている干合の法則

干合の重要な点の一つとして、月干支の成立に貢献していることがあります。

ところで、皆さんは月干支が家系や自分の心の場所を示していることをご存知でしょうか。前章で述べたように、人間の中には天の気と地の気が干合した「目に見えない気」を持っています。陰占の年干支は母親の場所、日干支は配偶者の場所、そして月干支は家系や自分の心を示す場所です(年干は父親、月干は子供、日干は自分の肉体の場所です)。

話を戻して、干合が月干支の成立にどのように関わっているのか見ていきます。
まず、月干支表を便利一覧表から一部(2月)抜粋してきます。

月 (月支) 年干
甲・己 乙・庚 丙・辛 丁・壬 戊・癸
2月 (寅) 丙寅 戊寅 庚寅 壬寅 甲寅

この表から見て分かる通り、「甲」と「己」の年は月干支が「丙寅」になり、「乙」と「庚」の年は月干支が「戊寅」・・・と言う風に、月干支の成立には干合(天の気と地の気の融合)の法則が隠れていることがお分かりになるかと思います。

人の心は、会う人によって変わりやすいものですが、それは、人の数だけ持っている「気」が違うからです。違うもの同士が会うことで、そこには目に見えない気の融合(干合)が起きているということなのです。

干合の種類は5つ

干合の種類は下記の5つです。


  • 土性

  • 金性

  • 水性

  • 木性

  • 火性

例えば、「甲」と言う天の気と「己」と言う地の気が干合すると、「甲」は木性の質ではなく土性に変化します。「己」は土性の質を持ったままですが、二つが干合することでこれまでとは違う世界を作り上げていくのです。
六親法では横線の関係で干合法を用いますが、干合とはまさに結婚を表します。個々の空間(人生)を「結婚」と言う形で融合させて「家庭」を作り上げていきます。

有情剋と無情剋

干合は相剋関係から成り立ちますが、干合は陽の干が陰の干を剋すため、男性が女性の肩を優しく叩くような感じで情が感じられるものです。そのため、干合の相剋は「有情剋」といいます。

六親法では、干合相手の干が宿命内にいないと、恋人の干として、干合する干のプラスマイナスを逆にした干を探します。例えば、日干が「戊」の場合、干合する干は「癸(水性のマイナス)」になりますが、その干がなければ「壬(水性のプラス)」を探し出し、恋人の干として結婚相手に定めます。

※もちろん、この組み合わせは干合ではないので融合(結婚)することで五行が変化するようなことはありません。

そうすると、陽同士の相剋関係が成立するケースが出てきます。陽同士になると相剋関係は激しいものになり「無情剋」といいます。

干合の「有情剋」は夫婦の剋し合いであり、その中には愛情が含まれています。そのため、干合で成立する相剋関係は独特の世界観を作り上げることができるのです。

干合しても五行が変わらない干

干合すると、二つの気が融合することで、それまで持ち合わせていた「気」とは全く異なる世界を作り上げていく。と説明しましたが、干合しても五行をそのまま引き継いで持ち続ける干が2つだけあります。陽干では「庚」、陰干では「己」です。

結婚(干合)した後も五行が変わらないということは、頑固な人だと言えるのです。「日干が庚と己の人は頑固な人である」と言う認識を持っておくといいでしょう。

十大主星一覧

六親法

十干十二支

陰陽五行説

自分の命式を知る

十大主星に関する記事

最近の投稿

  1. 十二大従星

    晩年期にある十二大従星
  2. 算命学

    算命学で人を車に例えると
  3. 天中殺

    天中殺年のライフイベント
  4. お知らせ

    命式算出の機能パワーアップ
  5. 電話占い

    Ameba占い館 SATORI電話占い
PAGE TOP