中年期の大運天中殺

第3~4旬に大運天中殺が巡ってくる人の特徴を紹介していきます。

中年期の大運天中殺というのは、一番脂が乗っていて、大運天中殺が巡ってくるのに一番適した時期と言えます。

中年期の大運天中殺は体力も精神力も力強くなってきた頃なので、強運気に乗っかりやすく、陽転するケースが多いです。
具体的には下記3パターンに分かれます。

  1. 経済面や社会的地位など、現実面で成功する(現実タイプ
  2. 精神面が充実し、芸術や才能など創造世界で活躍できる(羽転タイプ
  3. 妻の運気が夫に乗り移る最強のアゲマン型(庶民タイプ

経済面や社会的地位など、現実面で成功する陽転(現実タイプ)

※一般的な人(大半の人)はこちらの現実タイプの大運天中殺を経験することになります。

大運天中殺に入る5年前くらいから、金銭面、精神面など全てにおいてうまく行かなくなります。自分の同僚は自分と同じことをやっていても出世していくのに、なぜ自分だけがうまく行かないのかと、余計に落ち込んでしまいます。例えば、全てにおいてタイミングのズレが生じやすくなります。本人がだらしないわけではなく、しっかりしているにも関わらず、時間のズレが生じてチャンスをものにできません。
一見、運気がどん底のように思われるのですが、この兆候があるということが、好運気の前触れでもあるのです。

辛い5年間を過ごしていくと、徐々に新しい風が吹き始めます。具体的にわかりやすい例としては、転職をすることになります。自然に自営を始めるなど、自然な流れで今までの環境とは違う環境に身をおく現象が起き始めます。その変化が訪れるきっかけとしては、目上の人との衝突があるのですが、それが運勢を上げていくための起爆剤となるのです。

大運天中殺に突入した後は、今までうまく行かず辛い5年を過ごしてきた本人にとって、全てが好転し始めて驚きます。目まぐるしく色んな変化が起きて上昇していきますので、そのスピードについていけなくなる可能性も出てきます。そのスピードについていくためには、辛かった5年間に実力を磨いてきたかにかかっています。

大運天中殺の凄まじい運気に自分の実力を追いつかせていくためには、要所要所で成功しながらも勉強することを忘れてはいけないということです。また、一貫性を持つことも大事です。大運天中殺期間中に、一度初めたことを、大運天中殺期間内で中断してはいけません。大運天中殺は一貫性のある人を応援してくれます。一途に、一つのことに没頭して邁進すべきです。

大運天中殺で幸運、成功するということの代表的な現象としては、経済力、お金、財力がついてくるということです。現実的成功が叶う時期であり、精神性に関してはあまり関係ありません。

大運天中殺期間中に、運勢にあぐらをかかずに実力を磨き続けてきた人ならば、大運天中殺が過ぎ去った後も、経済レベルや下降することなく維持できるでしょう。

大運天中殺期間中にどれほどがむしゃらに働いたか、現実社会で戦ってきたかが鍵となります。現実世界での成功ケースなので、精神世界での成功を目指してはいけません。大運天中殺期間中に宗教などに入るのはNGです。

精神面が充実し、芸術や才能など創造世界で活躍できる陽転(羽転タイプ)

※少数派の人が羽転タイプの大運天中殺を経験します。

大運天中殺の期間中に、お金目当てではないのにお金持ちになります。また、もう一つの特徴として、名誉運がもたらされます。

大運天中殺に突入する前5年間で、精神的に立ち直れないほどの精神的ダメージを追う特徴があります。例えば、大事な人との死別や、信じていた人からの裏切りなどです。精神的なショックと+アルファで必要な性格的要素としては、「プライドがある」「ハングリー精神」「コンプレックスがある」かが鍵になります。
一見、運気がどん底のように思われるのですが、このつらい時期があるからこそ、才能が開花してこの後の大運天中殺で好運気にのっていけるのです。

大運天中殺に突入した後は、精神的な辛さと隣り合わせに成功と名誉を手に入れていきます。自分の本当の実力以上の名誉や結果がも足らせるため、なんとか自分の実力を追いつかせようと努力します。そのため、気が休まらず、常に精神的に追い詰められているかもしれません。精神面に負担が大きいので、精神疾患にならないように、体を丈夫に保つことも意識する必要があります。

大運天中殺15年目くらいに、本来の自分へ戻るための前準備が始まるのですが、その時に、お金を選ぶか、さらなる名誉を得るか、そのどちらかを選択するように迫られます。もし、家族や身内の事業を応援するためにお金を援助してそれにあやかって自分も儲けるなど、お金を選んだ場合、周りからの評判としては「お金に目がくらんだ」と後ろ指を刺されることになるかもしれませんが、名誉を取るよりもお金を取るほうが良いかもしれません。なぜなら、名誉を選んだ場合、自分のプライドを守るために精神的な負担が大きくなりすぎて昇天してしまい、死に至るケースもあるからです。プライド、名誉を選択して自分の美意識を追求することを選ぶと、燃え尽きてしまうことがあるということを肝に銘じておきましょう。どちらを選択するかは本人の自由です。

妻の運気が夫に乗り移る最強のアゲマン型(庶民型)

占いの鑑定に来るタイプで一番多いと言っても良いかもしれません。

主婦で才能や成功意欲もない人に当てはまり、大運天中殺に入る前後5年で主婦本人が何かしらの辛い経験(親が死んでしまう、大事な人と絶縁)をすれば、その後は夫に大運天中殺の運気を写すことができ、出世街道に乗る事が出来ます。

主婦大天(庶民型)は妻本人だけが数年辛い思い、辛い経験をすることになりますが、その後の夫の出世により、現実面は家庭が繁栄して豊かになります。ただ、妻は辛い経験で負った心の傷は残り続けるので、夫婦間の精神面にすれ違いが起きやすく、その影響が子育てに出てしまうことも多々あります。
主婦の大運天中殺(庶民型)は、夫は妻の大運天中殺の運気をもらって成功し、自信もついて調子に乗りやすくウハウハですが、妻の方はそんな夫を横目にイライラが募りやすくなり、家庭に混乱・波乱が起こりやすくなります。それは主婦大運天中殺の通過儀礼とも言えるので、そうなってしまったとしても状況を受け入れて、悪化しないように努めましょう。

ただし、主婦大運天中殺に入っても、妻の性格が明るく楽観的で夫に干渉しないような性格であれば、夫婦間での溝は出来にくく、家庭内は安定して繁栄します。つまり、主婦大運天中殺の開運ポイントは妻の器の広さや明るい性格にあります。干渉する人というのは「待つ」事が出来ない人でもあります。夫を干渉せず「待つ」事ができる懐の深さがあり、明るく楽観的でプラス思考な妻であれば、主婦大運天中殺のケースに該当しても平和な家庭を築く事が出来ます。

上記は基本的には陽転、一般的なケースを述べましたが、中年期の大運天中殺だとしても、稀に陰転する場合もあります。

中年期の大運天中殺でも陰転するケース

初年期から中年期にかけて親の脛をかじってきたり、他力本願で実力が全く身についておらず、迷いが多い性格の人が中年期に大運天中殺に入ったとしても、強運に乗り切る事ができず、陰転してしまいます。
人生に一貫性がなく、似た者同士が引き寄せ合うので、周囲の友達はみんな中途半端な人ばかりです。

そんな他力依存で過ごしてきた悪しき習慣を、大運天中殺突入の前半で断つ事ができれば、後半の運気は上昇傾向になります。具体的な方法としては、親元を離れて自立して自力で生活したり、親からの援助をきっぱり断って、自分で色んなことを決断していく決断力を身につけていくことです。

自分の夢や目標のために仕方なく実家に住んでいたり、親の援助を受けている人もいると思います。そんな境遇の中で「陰転」していると判断できる人の特徴は、援助してくれている親や環境に感謝の気持ちを持たず、援助は受け取るのに文句ばかり言っている人です。自分の立場がわかっておらず、自己確立ができていない証拠です。
一時的に実家の助けを借りている人の中には、主体性を持って夢に向かって努力している人もいると思います。そんな自己確立している人は、周囲や親に文句なんて言わず、常に感謝して後々恩返しをしようと計画しているはずです。

一人では陰転のループから抜け出せない人は、いい人との出会いにより、心の師を持てると精神面が確立していき、陰転のループから抜け出す糸口が見えるかもしれません。

陰転のループから抜け出しやすいのは柔軟性が必要です。年を取れば取るほど自分の考え方を変えることは困難になり、柔軟性を失う傾向があるので、年をとれば取るほど、陰転のループからは抜け出しにくくなります。

中年期の大運天中殺が終わる前後で気をつけることは「病気」

大運天中殺の後半5年間は働きすぎにブレーキをかけて、大運天中殺後5年間で病気しないように備える事が大事です。

強烈な運気でバリバリ働けたのは、運気が後押ししてくれていたからだという点を忘れないようにしましょう。実力が伴っていたとしても、大運天中殺が終わると多かれ少なかれ運気が弱まりますので、大運天中殺が終わる5年前には色んなことをペースダウンして備えましょう。

天中殺に関する記事

天中殺の種類

天中殺の理解が深まる書籍

古いけど天中殺の真髄 天中殺や大殺界が怖くなくなる 四柱推命の観点から理解を深める 六星占術の観点から理解を深める 五星三心占いの観点から理解を深める
天中殺算命占術 万象算命学 空亡占い 最新版 六星占術宿命大殺界 ゲッターズ飯田の 裏運気の超え方

最近の投稿

  1. 十大主星

    【十大主星の場所】東の星で見る仕事運
  2. 天中殺

    【天中殺】金を取った羽生くんとW杯で勝てなかった岡田監督
  3. 十大主星

    【十干別の性格】龍高星と玉堂星
  4. 算命学

    算命学で人を車に例えると
  5. 十大主星

    十大主星の同星3連変化
PAGE TOP