反転大運天中殺

反転大運天中殺とは、大運天中殺 中に、大運の干支と宿命の3柱(日干支・月干支・年干支)いずれかの干支が大半会 することをいいます。

初年期(幼年期)に反転大運天中殺が成立すると、ブレーキ(天中殺)とアクセル(大半会)を同時に踏むと解釈し、とても不安定な時代になります。この場合、せっかくの大運天中殺が陽転しにくく、空回りしやすくなってしまいます。もがけばもがくほど泥沼にハマりやすくなります。その結果、親や目上から受け継いだものを失ってしまったり、身内を道連れにしてしまうこともあります。
そうならないためには、欲張らないことです。精神的なことに重点を置き、メンタル強化すること、心穏やかに過ごす方法を見つけることが効果的です。この空回り現象は大運天中殺に入ってから5〜6年ほどで抜け出せます。

参考:算命占法 (下) 「第五章 陰占 第九 反転大運天中殺」

天中殺の種類

天中殺に関する記事

天中殺の理解が深まる書籍

古いけど天中殺の真髄 天中殺や大殺界が怖くなくなる 四柱推命の観点から理解を深める 六星占術の観点から理解を深める 五星三心占いの観点から理解を深める
天中殺算命占術 万象算命学 空亡占い 最新版 六星占術宿命大殺界 ゲッターズ飯田の 裏運気の超え方

最近の投稿

  1. 実録レポート

    【実録】人気占い師の香桜先生による鑑定レポート
  2. 電話占い

    電話占いカリス
  3. 十二大従星

    晩年期にある十二大従星
  4. 電話占い

    電話占いコメット
  5. 十大主星

    【十大主星】大運について
PAGE TOP