乙の調候守護神

の特徴

は草木・草花であり、柔らかく柔軟性がり、成長が早いのが特徴です。

何度でも立ち直るタフさがあり、集団の力を持って盛り返す。のように能材にはなりませんが、食料にはなることができます。また、ほどの燃料にはなりませんが燃料にもなることができます。

は秋に身を削ぐというが守護神になりましたが、は育成するということが大前提になります。そのため、は切り倒す、刈り取るという考えはしません。どうしたら長く生き延びさせることができるかを考えます。

男女で表すと、は男性では女性になります。守ってあげるという考え方が守護神の決め手になります。

日干×月支の調候守護神

  • 冬は寒さが厳しい季節
  • 冬は太陽(火性)の力が一番弱く、水(水性)の力が強い
  • 水性の旺地
月支守護神守護神の役割十大主星に変換
第一 亥月は水性の勢いがあり、とても寒いです。太陽で暖める必要があるため、丙を必要とします。 調舒星
何か表現することが大事で、感性を磨くこと。一人で黙々となり無になることが良い。
第二 亥月の水性は勢いがあります。勢いがあるという事は動きがあるという事で、凍らないことを意味します。木性は土と一緒になっていないと自身を痛めつけられます。土をまとう事で乙は自身を守っているのです。土が足りないと草木は土砂崩れで流されてしまうので、大量の土を補充する必要があります。 司禄星
蓄積、家庭、コツコツ積み上げること。努力することが大事。
第一 子月は冬の旺地であり極寒です。真逆の火性が最も弱い季節です。太陽として乙を暖めるために丙が必要です。また、凍った水を太陽で温めれば必然的に乙の栄養分となる水も生まれます。 調舒星
何か表現することが大事で、感性を磨くこと。一人で黙々となり無になることが良い。
第二 とにかく子月の寒さを凌ぐためには火性がいくらあっても足りないくらいです。そのため、第一守護神の丙に加勢する丁が必要です。 鳳閣星
人へ何かを伝えることや、人を楽しませると良い。明るく朗らかに。
第一 丑月は土性であり、ガチガチに凍った土を表します。ガチガチに凍った土に乙は根を伸ばすことができないので、やはり太陽で暖めて凍った土をほぐす必要があります。 調舒星
何か表現することが大事で、感性を磨くこと。一人で黙々となり無になることが良い。
第二 ガチガチに凍った土を暖める第一守護神の丙に加勢するためには同じ火性の丁が必要です。土を暖め解します。 鳳閣星
人へ何かを伝えることや、人を楽しませると良い。明るく朗らかに。

Point

亥月の第二守護神に丁が必要ないのは、水に勢いがあるため水が凍らないと考えるからです。
子月と丑月は水も凍っていて水分が使い物にならないので、暖めて水分を作ることが大事です。
鳳閣星と調舒星には風流心がキーワードです。心の解放を意味します。風流心を育てる趣味はお金がかかるし利益を産まないことも多いですが、遊び心や趣味の世界を大事にする事はとても大切です。
ここでいう司禄星は、+の五行から生まれているので、禄存的な司禄です。色んな人を受け入れる、受け皿が大きい家庭を築くことが良いでしょう。

日干×月支の調候守護神

  • 春は木性の旺地であり、木性のパワーが最大となる
  • 根を張り、花を咲かせ、枝や葉が成長する季節
  • 春は太陽と水の調整が必要になる
月支守護神守護神の役割十大主星に変換
第一 日の出の位置は真東の卯月であり、寅は夜明け前と考え、寒いし太陽も出てません。冬の名残もあり雪が溶けていない状態です。そのため、雪を溶かし、乙を暖め、光を浴びさせる必要があります。 調舒星
何か表現することが大事で、感性を磨くこと。一人で黙々となり無になることが良い。
第二 乙の栄養を手助けするためには水が必要ですが、冬の名残がある寅月は水は凍ったままです。凍った氷は水分として使えないので、水が不足していると考えます。そのため、癸が必要となります。 龍高星
学ぶ、考える、思考すること。目上を大切にし、冒険やチャレンジ精神を大事にする。
第一 太陽として暖め、乙に光を浴びさせることで成長を促す働きがあります。 調舒星
何か表現することが大事で、感性を磨くこと。一人で黙々となり無になることが良い。
第二 乙の栄養を手助けするためには水が必要なので癸が必要となります。 龍高星
学ぶ、考える、思考すること。目上を大切にし、冒険やチャレンジ精神を大事にする。
第一 夏の直前にある辰月は夏の季節を含んでおり、暑いと考えます。そうすると水分が飛んでしまいやすいため、湿り気が必要と考えます。 龍高星
学ぶ、考える、思考すること。目上を大切にし、冒険やチャレンジ精神を大事にする。
第二 太陽として暖め、乙に光を浴びさせることで成長を促す働きがあります。
※卯月の第一守護神と同じ内容です。
調舒星
何か表現することが大事で、感性を磨くこと。一人で黙々となり無になることが良い。

Point

寅月は「始まりの予感」を意味します。甲ではほんわかムードを戒めるために庚を守護神に投入していましたが、乙は元々柔軟性があり柔らかいので、守ってあげるべき存在であり、甲ほど力強さ(我の強さ)がないので、戒めるといった意味合いの庚は守護神に投入しません。

日干×月支の調候守護神

  • 夏は暑さが厳しい季節
  • 夏は水性の力が一番弱く、太陽(火性)の力が強い
  • 火性の旺地
  • 見た目は太陽の元華々しく明るいイメージだが、内心水を欲して暑さにくたびれている(甲と同じような意味合い)
月支守護神守護神の役割十大主星に変換
第一 夏の暑さで蒸発してしまった水分を補うには、雨水などの癸が一番最適です。海の象徴である壬では水分が多すぎて塩気があるのでさらに喉が渇きます。 龍高星
大きな心で人を受け入れ、経験を積んで見識を深めること。冒険やチャレンジするなど活動的に過ごす。
第二 夏の暑さで水分が足りないのにプラスして、夏は汗とともに塩分も不足しがちになります。そのため、第二守護神にも壬が必要です。 玉堂星
よく考えること、人の話に耳を傾けること、正当法を大事にして目上を大切にすること。
第一 夏の暑さで蒸発してしまった水分を補うには、雨水などの癸が一番最適です。海の象徴である壬では水分が多すぎて塩気があるのでさらに喉が渇きます。
※巳月の第一守護神と同じ内容です。
龍高星
大きな心で人を受け入れ、経験を積んで見識を深めること。冒険やチャレンジするなど活動的に過ごす。
第二 夏の暑さで水分が足りないのにプラスして、夏は汗とともに塩分も不足しがちになります。そのため、第二守護神にも壬が必要です。※巳月の第二守護神と同じ内容です。 玉堂星
よく考えること、人の話に耳を傾けること、正当法を大事にして目上を大切にすること。
第一 夏の暑さで蒸発してしまった水分を補うには、雨水などの癸が一番最適です。海の象徴である壬では水分が多すぎて塩気があるのでさらに喉が渇きます。
※未月は土性ですが、巳月の第一守護神と同じ内容になります。
龍高星
大きな心で人を受け入れ、経験を積んで見識を深めること。冒険やチャレンジするなど活動的に過ごす。
第二 夏の暑さで水分が足りないのにプラスして、夏は汗とともに塩分も不足しがちになります。そのため、第二守護神にも壬が必要です。
※巳月の第二守護神と同じ内容です。
玉堂星
よく考えること、人の話に耳を傾けること、正当法を大事にして目上を大切にすること。

Point

乙の見た目は甲と同じような意味合いで、とても華やかで明るい印象です。しかし、内心は暑さにより水分が蒸発してしまいヒーヒー言っている状態です。「もっと水をくれー!」と叫んでいるようなイメージです。そのため、水性を激しく欲します。
水性が守護神になるため、乙の夏生まれは目上を重んじることが大事です。

日干×月支の調候守護神

  • 秋は金性の旺地であり、木性が最弱となります。乙の木性パワーが弱まる時期となる
  • 秋は西の方位を示し、結果を出す場所
  • 秋はドライで乾燥している
  • 西のカラーは白ですが、実は透明。秋の特徴は透き通り、クリアになるという意味を含む。空気が澄んで富士山もよく見える。海の中もクリアになる。
月支守護神守護神の役割十大主星に変換
第一 乙と対極にある金性が強くなっているため、自ずと木性が弱まります。そこで、金性を溶かす(剋す)ことができる丙が必要になります。また、同時に、丙は申月の金性を鍛える役割も果たします。 調舒星
感性を磨くこと、自分を磨くことを意識すること。孤独になる時間を確保し、自分と向き合うことで成長できます。
第二 申月は乾燥していて水分がないと乙は成長しません。そのため、栄養となる水分の癸が必要になります。 龍高星
大きな心で人を受け入れ、経験を積んで見識を深めること。冒険やチャレンジするなど活動的に過ごす。
第一 酉月は金性で最も強く、金性を漏らし木性を応援する通干支の水性を投入する事で、金性を和らげることができ、かつ木性に必要な水分を補うことができます。 龍高星
大きな心で人を受け入れ、経験を積んで見識を深めること。冒険やチャレンジするなど活動的に過ごす。
第二 金性を弱める(剋す)ことができる火性のプラス丙が必要になります。 調舒星
感性を磨くこと、自分を磨くことを意識すること。孤独になる時間を確保し、自分と向き合うことで成長できます。
第一 次に控える冬の季節に備えて、成長を促すための水分が必要になります。冬になると成長スピードが落ちるため、今のうちに栄養を補充して乙が成長する必要があります。 龍高星
大きな心で人を受け入れ、経験を積んで見識を深めること。冒険やチャレンジするなど活動的に過ごす。
第二 次に控える冬の季節に備えて、成長を促すためには光合成の太陽が必要となります。冬になると成長スピードが落ちるため、今のうちに光合成を存分にして乙が成長する必要があります。 調舒星
感性を磨くこと、自分を磨くことを意識すること。孤独になる時間を確保し、自分と向き合うことで成長できます。

Point

水性が守護神になるという事は、考える・思考することが必要です。自分の本分を知って行動すること(守備本能)で花が咲き続けます。
水性(通干支)を持ってくることで、強烈な金性和らげることができます。相剋に通干支を入れて相生にすることがポイントになります。

調候守護神一覧

調候守護神について

最近の投稿

  1. 十大主星

    【天中殺】十大主星別-年運の特徴と対策
  2. 未分類

    命式算出の機能パワーアップ
  3. 算命学

    【生まれ月別】2018年の運勢
  4. 算命学

    【生まれ月別】2019年(己亥)の運勢
  5. 十二大従星

    中年期(壮年期)にある十二大従星
PAGE TOP