行動領域

行動領域とは、人間関係(交流)の広さ、自分が影響を与える人間関係の広さを表します。

「領域の広さ=領域の数(1〜4領域)」となりますので「領域の広さ=面積の広さ」ではありません。

行動領域が広い人の方が才能があるということでもなく、その人が生きる範囲になるので、行動領域が広い方が自分に合っているのか、狭い方が自分に合ってるのかは人それぞれ違ってきます。世の中には、どんなに才能があっても、世の中に対して影響力を発揮しない人もたくさんいるのです。

様々な文化や人種と関わることが苦にならいタイプなら、行動領域が広い方がその人にマッチしているかもしれません。逆に、限定的なコミュニティで十分だと思うタイプなら、行動領域は狭い方が平和に暮らせるかもしれません。

行動領域の範囲が広い人は、才能のあるなしに関係なく、世の中に対して、何らかの影響を与える可能性があるということを意味します。
基本的に、星が強い人は領域が広い方がいいですし、星が弱い人は領域が狭い方がいいです。

参考:星が強い人の定義

下記いずれかに該当する人は、星が強い人と判断していいと思います。

上記以外にも、宿命にある位相法の組み合わせによって、行動領域の活かされ方がわかりますが、それは後述します。

行動領域の出し方

行動領域の出し方は至って簡単です。

  • 陰占命式の干支番号3つに注目。
  • 干支番号を円状に配置する。
  • 配置した点を結んで図形を書く(三角形or線or点)。
  • その図形が何領域にまたがっているかを見る。

それぞれの領域の特徴

領域別名特徴
第一領域丑寅領域知性的だが感情的でもある
第二領域辰巳領域情的で庶民性がある
第三領域未申領域庶民性でもあるが合理性を伴っている(合理性の中の情)
第四領域戌亥領域合理的、理屈屋、知性豊か

領域の例

例)行動領域が1領域の人

陰占
No. 1 54 48
天干
地支

例)行動領域が2領域の人

陰占
No. 1 35 48
天干
地支

例)行動領域が3領域の人

陰占
No. 23 35 48
天干
地支

例)行動領域が4領域の人

陰占
No. 23 1 48
天干
地支

数えるにあたって間違いやすい例

縦と横の対冲線を結ぶ場合は、4領域に面しているとみなします。
従って、子午線と卯酉線に重なれば直線領域でも三角形でも4領域と考えまので、命式に「1.甲子」+「31.甲午」か、「16.己卯」+「46.己酉」があるだけで4領域と考えます。

りゅう線(有視上)

線(無視上)

「1.甲子」と「31.甲午」を結ぶ場合

「16.己卯」と「46.己酉」を結ぶ場合

宿命が律音している人の行動領域

宿命の陰占で律音している人は、行動領域は三角形ではなく直線を描きます。

通過した領域をカウントするため、下記例は3領域になります。

中央を通過する場合も通過した部分をカウントするため、2領域になります。

年月日の柱全てが律音している場合

年月日の柱全てが律音している場合は、三角形も線も描かず「点」になります。この場合は当然1領域になります。

陰占
No. 11 11 11
天干
地支

行動領域と位相法

最近の投稿

  1. 電話占い

    クォーレ占い電話相談
  2. 授業の備忘録

    算命学の授業-天中殺突入-
  3. お知らせ

    【お詫び】十二支(地支方位)分類に誤記があり訂正
  4. 芸能人

    【時事】森友学園問題の政界主要メンバー天中殺率
  5. 電話占い

    電話占いステラコール
PAGE TOP