十大主星

十大主星の同星3連変化

※記事内容をアップデートしました。

今回は、十大主星の同星を3つ以上命式に持っている人の傾向を見ていきます。

宿命に同じ星が3つ以上現れた場合の現象

宿命に数多く同じ星が表出されるということは、ものの考え方や精神的な面がある一方の方向へ偏っていくという現象が起きます。そのため、視野が狭くなる反面、”普通の人よりも感覚が研ぎ澄まされて鋭くなる”というふうになります。奇人・変人・天才型が多いと言われています。

ただし、これは精神的なことであって、行動面ではないということです。普通の人よりも面白い思考回路になりやすい人で、技術的なことや芸術的な分野で活躍する人も多いでしょう。

また、精神が偏るのと同時に、特定の星の思考が凝縮され、より強固なものになります。そのため、自我は強くなり頑固さが増します貫索星 のような質が加わる)。自分の世界に閉じこもる傾向が強くなります。一度思い込んだら、発想の転換がし難いでしょう。

貫索星・石門星

この二つの星は東方定位置の星なので、守備力に偏る精神を持ちます。頑固さは当然ながら持ち合わせ、物事を積み重ねるスペシャリストです。一つ一つ重ねて考えないと、途中で発想転換することはできません。この場合、宿命にある十二大従星が強い人ほど発想の広がりを持てる。宿命にある十二大従星が弱い人は環境に振り回されやすい傾向があります。

貫索星 3つ 表面は穏やかですが、中身がとても激しい人です。いざとなった時の集中力や実現力は凄まじいものがあります。ただし、神経が一点に集中しやすいので、良くも悪くも感情(感謝や妬み)が大きくなりやすく、視野も狭くなりがちです。
柔軟性にかけますが、一度誰かのお世話になってその人に対して感謝の気持ちが生まれると、その人に対して一生を通じて感謝の気持ちが薄れることはありません。
4つ 表面は柔らかく見え、鳳閣星を持つ人のよう(バランス感覚に優れている)な感じだが、意外とバランスを崩しやすい傾向があります。
石門星 3つ かなり頑固で考えを変えない、信念が確立した人ですが、その頑固さは内に秘め表には出しません。また、人を感化していく人(人を巻き込む、影響力のある人)で、それだけ魅力がある人です。知らぬ間に人に網を掛けて仲間に引き込むと言った感じで、気付いたら主従関係が出来上がっていたと言う状況を作ります。
この人を管理職で中途採用すると、あっという間に自分の城を築き上げてしまいますので、採用する側からすると要注意人物です。
4つ 表面はソフトに見えても、人の話を受け入れることはありません。社交性はずば抜けて高いため、団体交渉に強い人です。

鳳閣星・調舒星

この二つの星は南方定位置の星なので、思考よりも表現が先行してしまい、理屈のための理屈を連想する状況に陥りやすいです。間接的に伝えようとすることで表現に美しさがプラスされます。常にインプットしていないと表現のスピードに追いつけず、精神をかなり消耗してしまいます。
ある側面では、幼稚で無鉄砲な一面が顔を出します。

鳳閣星 3つ 明るく社交的で、楽しい人で太陽のように暖かい人ですが、ふとした時に薄情な面を見せます。また、のんびり星が多いために逆転現象が起きてしまい、精神的に不安定にもなりやすい人です。
人の好き嫌いが多くなり、自分の好きな人ばかりを周りに置きたがります。自分勝手な潔癖症があるので、例えばゴミ屋敷なんかで「それは絶対に動かすな!」と言ったある種の潔癖なこだわりを持つ人もこのタイプです。
4つ 表面は暖かそうですが、実はかなりクールで徹底した冷たさを併せ持ちます。晩年になっても子供に囚われることなく潔く死ねる人です。また、愚痴ったり後悔するようなことはなく、過ぎたことに未練を残しません。
調舒星 3つ 「破壊の型」とも呼ばれており、理想の美に到達するまでのふっきりが早い人です。デリケートさには拍車がかかり、その分感性も研ぎ澄まされて色んな事に敏感になるため、傷つきやすさも倍増して復讐心に結びつくと執念がすごいです。
自意識が強く使命感も強いため、自分を必要とされたいと強く思う人でもあり、人からの期待で頑張れる人です。また、ひ弱になる傾向があります。
4つ 与えられた試練で自身を痛めつけながら精神を磨いていく人です。現実世界での挫折があり、地位や名誉は持たず、庶民の生き方において模範となるような人(市井の聖人)です。

禄存星・司禄星

この二つの星は中央定位置の星なので、権力意識や自意識が過剰になります。自己中心主義になるが、それはあくまでも内面的な話で実行動が自己中心主義に偏りすぎるわけではありません。本人は自分のことをとても情的だと思っていますが、傍目から見ると、とても薄情な人物に見られる傾向があります。

禄存星 3〜4つ 自意識がかなり強くなり、不動の人で権力欲が強い人です。山が連なって広い土地の頂点に君臨する王様のような感じです。司禄星の質が出てくるため、堅実で用心深い性格も現れます。それに頑固さも加わって、目上の言うことにもなかなか聞く耳を持たないように見られがちです。また、不動で動きが出ないため、とても保守的とも言えます。自ら動かず積極性が出にくいですが、人を惹きつけようとするので交渉も巧みです。慕ってくる人に対しては親切心強く、強引なところが目立ちます。
司禄星 3つ 大変良く気が利く人で、要領がよくなんでも出来る人です。頭の回転が早く、世渡りも上手です。堅実で慎重なところは司禄の本質がそのままありますが、普通の司禄より行動力もあり、その分無駄も多くなります。与えられた状況で全力を尽くす人で、どの環境でも生きていけます。また、土の質が多く「自分の本心」や「財」を大量の土に埋めてしまいます。そのため、本心が見えにくい人でもあり、隠れ財を作り出すのがとても上手です。裕福になっても生活水準は普通の頃を維持して過ごせます。
4つ お金は懐に入ってくるだけ使ってしまいますが、生活における不安感がありません。堅実思考なので、現実的なことには惜しみなくお金を使います。禄存星的な気質が現れやすくなります。

余談ですが、禄存星が命式内においてどの位置にあるかで、その人がどこにお金を使うかわかります。
禄存星が西に出る人は家族・家庭のことにお金を使う人。
禄存星が東に出る人は友人・社会に対してお金を使う人。
禄存星が南に出る人は部下・子供にお金を使う人。
禄存星が北に出る人は目上・上司にお金を使う人。
です。

車騎星・牽牛星

この二つの星は西方定位置の星なので、精神的な戦闘本能が強く、攻撃性が増します。具体的には物事の発想が動的になり、考えが固定されず、変化の激しい発想が生まれます。天報星 のように気分がコロコロ変わったり、精神的に「前進」と「後退」が頭の中を巡っています。周囲からは精神が安定しない人のように見えますが、本人は動きの中で考えているため、不安定さを感じていません。

車騎星 3つ 瞬間的な爆発力を持つ人です。人生は「走っては休み、走っては休み」が良く、走り続けると倒れてしまう人です。物事を長時間継続することができず、持久力がない分、瞬発力が絶大です。
感性はとても鋭く、デリケートさも拍車がかかります。そのため、危険を察知する野生の勘はピカイチで、時代の流れをいち早く予測する能力があり、タイミングの見極めが上手くて勝負運が強くなります。
4つ 人一倍感性(野生の感のようなもの)が鋭くなります。普通の車騎では苦手な持久戦も、4つある人は難なくこなせます。苦しい状況が立ちはだかってもチャレンジし続けていれば、その戦いの中で”悟りの窮地”を見出せるでしょう。短命か長寿かのどちらかで、その中間はありません。
牽牛星 3つ ズボラな人で、部分的に几帳面な人です。ズボラな面では「なるようになる」という感覚で物事に執着しないので、波乱は少なく平穏無事の人生を歩みます。
ただし、とても自尊心は強く、強すぎる自尊心が仇となり、組織で浮きやすい存在にもなりやい人です。若い時に誰にも負けないスキルを身につけルことが中年期以降の成長率に影響が大きく出ます。
4つ 体が弱かったり、視力や聴力が弱いことがあります。しかし、幼少期から英才教育を受けることができれば才能が開花します。牽牛星が4つある人の中には、超能力を持つ人もいます。幼い頃から何らかの能力を身につけ、自信を持っていれば成功しますが、自信がないと卑しい人間になります。

龍高星・玉堂星

北方定位置に偏ると、精神面が表に現れにくくなり、心が読みにくい人となります。表面的には多弁ですが、話す内容は理論的で手段的なことに特化しているため、その結論に至った真因(内面)が分かりにくいのです。
これはどういうことかと言うと、説得力はずば抜けているものの、人情味に欠け、人間的な魅力を感じてもらいにくいと言うことです。

龍高星 3つ お人好しな人で、義理人情に厚い人です。普段の龍高星はクールなのに、龍高星が3つ揃うとお節介な人になります。お人好しな面につけ込まれて人に騙されやすくもあるので注意しましょう。
その反面、放浪性も強くなりますので、自分のペースで好きな時に行動しようとするので単独行動が目立ちます。そのため、孤独にも強い人です。安住すると良さは発揮されず、安全で平和な時代には向きません。時代の変わり目に実力を発揮できます。
4つ 義理人情が厚くなります。お人好しさに磨きがかかり、情に流されやすくなりますが、その分、人に助けてもらう機会も増えます。
玉堂星 3〜4つ 頑固だれど、人との輪を広げるのが上手い人です。社交性に長けており、人脈を繋げるのが上手です。男性の場合は、女性の母性本能をくすぐるのが上手なので、色恋沙汰で注意が必要になります。
独りよがりなところもありますが、甘え上手でピンチの時には人から助けてもらえるラッキーな人です。頭は良いですが考えすぎてまとまらず、行動に移せないことも多々あります。また、龍高星的な気質が現れやすく、祖国を離れたり、移住することで視野が広がり、周囲から愛されます。

自分の命式を調べる

十大主星に関する記事

十二大従星に関する記事

天中殺に関する記事

算命学に関する記事

十大主星一覧

十二大従星一覧

洩天地支(えいてんちし)前のページ

星の組み合わせと偏り次のページ

関連記事

  1. 十大主星

    【十大主星の場所】西の星で見る結婚相手の傾向

    「結婚は星を育てる」という意味合いから、西の場所の星を配偶者の星とし…

  2. 十大主星

    十大主星の陽転の形

    “陽転”とは、個性を最大限に生かすための方法です。みなさんが持ってい…

  3. 十大主星

    【十干別の性格】禄存星と司禄星

    十大主星は日干を基準にどの十干から生まれたかで星が決まります。そうす…

  4. 十大主星

    【十大主星の場所】東の星で見る仕事運

    東の位置は「兄弟」や「友人」を意味し、仕事や社会に向けて発揮される自…

  5. 十大主星

    【十干別の性格】龍高星と玉堂星

    十大主星は日干を基準にどの十干から生まれたかで星が決まります。そうす…

  6. 十大主星

    【十大主星の場所】北の星で見る目上運

    北の位置は「目上・上司」や「親」を意味し、目上の人に対して発揮される…

最近の投稿

  1. 十大主星

    十大主星の陽転の形
  2. 運勢

    【生まれ月別】2018年の運勢
  3. 十大主星

    【十大主星の場所】東の星で見る仕事運
  4. 天中殺

    【天中殺】十大主星別-年運の特徴と対策
  5. 運勢

    【生まれ月別】2019年(己亥)の運勢
PAGE TOP