【十大主星】大運について

大運では、10年ごとに変化する環境や目標、欲望の変化を見ることができます。

大運が貫索星の時

大運が貫索星の時は、独立の一歩を踏み出す時期です。一生続ける何かライフワークを見つけるようにすると、とても充実した10年間を過ごせます。大運が貫索星の時は、自分のスタイルが確立して、軸がしっかりとする10年間です。

大運が石門星の時

大運が石門星の時は、人間関係を構築する時期です。人間関係が活発になるので、お金はたまりませんが、友達や人間関係でお金を出し惜しみしてはいけません。後々の財産になることは間違いありません。大運が石門星の時は、お友達三昧の10年間にすることを目標にしましょう。自然と友人関係が活発になります。

大運が鳳閣星の時

大運が鳳閣星の時は、明るく楽しみに溢れた時期です。ここで言う「明るい」とは、「なんとかなるだろう」という精神です。意外と苦労もつきものですが、そんな時も冷静に無難な対処できます。大運が鳳閣星の時は、のめり込むというより、客観的に冷静に物事を捉える時期です。

大運が調舒星の時

大運が調舒星の時は、自分を見つめて磨く時期です。大運のどこ(初年、中年、晩年)に出てもノイローゼになりやすいです。なぜかと言うと、自分を見つめたときに磨き方がわからずパニックに陥るからです。そんな時は、自分の長所を充実させることが大切になってきます。大運が調舒星の時は、人の欠点が目に付きやすくなる時期ですが、努力して長所を見つめられるようになれば、ドラマチックに変化し、パニックやノイローゼを回避できます。

大運が禄存星の時

大運が禄存星の時は、奉仕の運気になります。最初の方は自分中心に考えた幸せを追求していいですが、後半では周りを幸せにすることを考えるといいです。そうすることで、大きな愛に包まれた10年間を過ごすことができるでしょう。大運が禄存星の時は、大きなお金を動かす可能性も秘めています。不動産に縁が出てきたり、資産運用に本腰を入れていくこともあります。お金が貯まりにくいと感じても、投資の時期だと割り切っていきましょう。

大運が司禄星の時

大運が司禄星の時は整理整頓の時期です。司禄星の大運が中年に出てくると、人生のお休み所が出てきます。これは、鋭気を養うために、次の10年に備えて準備するためです。心の整理整頓をして、未来に向かって準備をする時期です。次の10年のためにお金を貯めたり、知識を貯めたり、何かを蓄えるのには適した時期ですし、コツコツと継続していく力が自然と湧いてくるでしょう。

大運が車騎星の時

大運が車騎星の時は、攻める時代になります。何につけても前進あるのみで、気持ちが高揚してチャレンジ精神が湧き出てきます。心が忙しなくなるので、じっとしていられなくて動きっぱなしです。大運が車騎星の時は、駆け抜ける10年になります。

大運が牽牛星の時

大運が牽牛星の時は、計画性のある時代となります。自分のステータスや知性、人生の底上げをしてレベルアップできる時期です。公的に生きた(公的に責任を果たす)方が評価が上がります。大運が牽牛星の時は、責任感が出てくる10年間で、昇進欲も強くなります。

大運が龍高星の時

大運が龍高星の時は、嵐の時期となります。海外のことにも縁が出てくる時期で、新しい考えを植えつけられる時期です。龍高星の大運がが幼少期に巡ってくる場合、家庭内は不安定になりやすいです。早くに家を出て遠方の学校に進学することも考えられるでしょう。親との距離を取った方が自分の経験値(失敗も含めて)が増えて身のある10年間になります。

大運が玉堂星の時

大運が玉堂星の時は、台風一過の時期で、平安が訪れるでしょう。静かに過ごす時期で、室内で過ごすことが増えるかもしれません。勉強したい願望に駆られます。また、故郷に帰りたくなり、先祖を供養したくもなります。大運が玉堂星の時は、親の介護に適した時期でもあります。

Related Post