十二大従星

星の組み合わせと偏り

十大主星十二大従星の星の組み合わせから、その人に起こり得る現象・出来事を読み取ることができますので、紹介します。

十態

現象
傷相

条件:龍高星鳳閣星天極星

成人するまで(20歳まで)は怪我をしやすいです。
病相

条件:(龍高星or 玉堂星)+調舒星天馳星

故障が多くなります。※大病ではありません。
罪相

条件:龍高星石門星天堂星

騙したり騙されやすくなります。本人が騙すようなことをしなくても、なぜかそういう状況に引きずり込まれ、無実の罪を着せられる可能性があります。
抗相

条件:車騎星調舒星+(天極星or 天庫星)

神経質になりやすく、ノイローゼ気味になります。周囲の人と平和にやり過ごせればいいのですが、周囲の人と争うことになると傷付きます。その結果、メンタルヘルスに問題が起きます。
日干が「庚」か「辛」のどちらかから出る調舒星を持つ人は、特にこの傾向が強くなります。
独相

条件:貫索星×2+天馳星

人を受け入れられない頑なな心を持ちやすくなります。実直で義理堅いですが、視野が狭くなりがちで配慮に欠けるところがあります。
情相

条件:禄存星+(調舒星or 龍高星)+天恍星

異性の許容度が高くなり、結婚・恋愛の相手がよりどりみどりになります。龍高星があるとより一層、その傾向は強まります。
色相

条件:(司禄星龍高星) or (禄存星天恍星)

歳を取っても若々しく見られます。恋愛対象となる相手が多すぎて、選り好みしているうちに婚期を逃してしまうことがあります。
団相

条件:調舒星龍高星石門星天堂星

現存する団体や組織に反対するようになり、加えて車騎星があるとリーダー的存在になります。
破相

条件:禄存星司禄星天将星

結婚した場合に最初の10年間は幸せに過ごせても、それ以降は夫婦ともに相手の運を下げてしまったり、どちらかが病気になってしまう可能性があります。
消相

条件:石門星司禄星天恍星

ご先祖様や親などの目上から譲り受けた財産を全て失う傾向があります。ただし、自分の力で稼いだ分の財産は残ります。家庭破りの要素も含む相です。

その他の組み合わせ

三奇星

条件:調舒星車騎星龍高星天堂星

心の葛藤が多くなり奇人・変人(良ければ天才)になります。

七殺

条件:(龍高星鳳閣星) or (車騎星調舒星)

  1. 龍高星鳳閣星の組み合わせがあると、表面的には穏やかでも内面は葛藤が大きくなります。
  2. 車騎星調舒星の組み合わせがあると、心の葛藤が顕著で、ある時期に病気を患う可能性が高いため注意が必要です。

十二大従星の偏り

天将星の偏り

宿命に天将星が一つでもある人は、身強とみなします。子供の時に物質的な苦労や、肉体的に負担を背負う(家のお手伝いをしたり、スポーツをしたり、体を使う仕事をやる)と大人になって成功しやすくなります。

天将星を持つ人は、多芸・多才になると運の伸び代がなくなるので、一つのことに絞って打ち込んだ方がいいでしょう。色んなことに手を出さないようにするのがポイントです。一芸に専念することで大きな成功を掴むことができます。

宿命に天将星が2つある人は、一つだけの人よりも天将星の良さがとても発揮されます。きちんとした目的を持つことができれば、迷うことなく、凄まじい前進力を発揮します。表面上が優しく見られがちですが、人生に一貫性があり、現実エネルギーが高くとても逞しい人です。一度人生の荒波に揉まれて、苦労する時期を経験した方がより飛躍できます。

天将星が3つある場合は、弱さと脆さがありますが、一度最悪の時期を経験して乗り越えることができれば、天将星の良さが出てくるようになります。例えば、生死を彷徨う大病を患って生還する、など。そういう経験の後に大成功します。ただし、天将星が3つある人は両極端な人で、落ちこぼれになる可能性も十分あります。普通の人とは明らかに違うため、天才か狂人のどちらかになれます。

天庫星が3つある場合

宿命に天庫星が3つある人は、5歳を超えるまでは危険ですが、5歳を超えると長寿の人になれます。

天胡星が3つある場合

宿命に天胡星が3つある人は、無欲になれますが、義理人情もなく、世の中の常識や習わしを軽視する(見下す)傾向があります。弱々しく見えても短命ではありません。

天極星が3つある場合

宿命に天極星が3つある人は、天将星が3つある人も敵わないほど変人・奇人です。この場合の変人・奇人度は「死を恐れない」ほどです。

天馳星が3つある場合

宿命に天馳星が3つある人は、天将星一つと同じ強さになります。成功するしないに関わらず、常に忙しく動き回り、汗水流して働きまくります。この性質は天馳星が2つの場合も同じです。

天報星が3つある場合

宿命に天報星が3つある人は、どんな手段を使っても「儲けたい」と思うか、無欲になるかのどちらかになります。

参考:算命占法 (下) 「第六章 陽占 第五 星の組み合わせ十態、その他」

十大主星の偏り

十大主星の同星3連変化前のページ

ピックアップ記事

  1. 占い依存(占いジプシー)症から抜け出す方法
  2. 占いにハマりやすい人の特徴と占いに依存しないコツ
  3. 【実録】人気占い師の琥珀(こはく)先生による鑑定レポート
  4. 【2022年最新版】占いマニアが厳選!電話占い人気ランキングTOP21
  5. 【実録】霊感霊視・透視って本当に当たるの?インチキではないのか人気占い師に聞いて…

関連記事

  1. 十大主星

    【十干別の性格】禄存星と司禄星

    十大主星は日干を基準にどの十干から生まれたかで星が決まります。そうす…

  2. 十大主星

    【十大主星】見た目の特徴

    算命学は外見、特に顔の特徴についても研究されています。本来、陰占で…

  3. 十二大従星

    初年期(若年期)にある十二大従星

    初年期(若年期)にある十二大従星は、生まれた時から20代半ばまでの期間…

  4. 十二大従星

    中年期(壮年期)にある十二大従星

    中年期(壮年期)にある十二大従星は、20代半ばから50代の期間に活躍す…

  5. 十大主星

    【十大主星】大運について

    大運では、10年ごとに変化する環境や目標、欲望の変化を見ることができ…

  6. 十二大従星

    十二大従星の2連変化

    初年期(若年期)、中年期(壮年期)、晩年期の中でも同じ十二大従星を2つ…

最近の投稿

  1. 十大主星

    【十大主星の場所】南の星で見る目下運
  2. 十大主星

    十大主星の同星3連変化
  3. お知らせ

    命式算出の機能パワーアップ【六親法追加】
  4. お知らせ

    【お知らせ】タロットStockリリース
  5. 天中殺

    【天中殺】金を取った羽生くんとW杯で勝てなかった岡田監督
PAGE TOP