天南星

天南星(てんなんせい)の世界

青少年期(天恍星)を経て、次は人間社会の最前線である青年期を迎えます。将来に対して明確なビジョンが見えてくる時期でもあり、希望に満ちた世界です。

学生時代では知り得なかった理不尽さや世の中の複雑さを知りながら、若さと信念を武器に、仲間と冒険にくりだし前進し続けるため、「反骨精神」「冒険」「躍動」「希望」「目的」などの意味があります。
それらは全て「青春」の一言から出てきています。

後戻りはカッコ悪い!?突進型の挑戦者

天南星を持つ人は、とにかくエネルギッシュ。自分の目的を明確にし、常に前へ前へ進もうとします。組織にまだ染まりきれていないが故に、今までのやり方をぶち壊して新しいものを生み出そうとします。なので、新規事業のプロジェクトでは大活躍します。
しかし、既に軌道に乗ったプロジェクトやルールの上では煙たがられることもあります。

自己主張も強いので、言葉もストレートで、回りくどい言い方はしないのでわかりやすくはあるけれど、知らぬ間に人を傷つけてしまう可能性があるので気をつけたほうがいいでしょう。

どんなことでもスピーディーに進めようとしますが、まだ経験値は低いため計画性が乏しかったり、強行的な部分があり、手段を選ばないこともしばしばあります。また、前に進むことしか考えられないため、計画の見直しが必要だとわかっていても、後戻りすることができません。そんな時は周りから強制的にSTOPが入るか、計画が失敗し大きな負債を抱えることになります。周りの意見を取り入れる柔軟性が備われば、勢いはあるので、周りを巻き込んで大きなことを成し遂げることも可能です。

批判力強めの革命家。一つのことに全力投球

天報星とは違い、同時に複数のことをすすめることは苦手です。遊びであれ仕事であれ、一つの目的に向かって全力投球します。

現実世界に強い星なので、エネルギーの消耗は大きく行動的です。常に新鮮なものを求め、古いものは排除しようとするところがあります。天南星にとって、古いものを守ることはかっこ悪く見えるからです。
上司や部下など年齢に関係なく、自分の思ったことをストレートにぶつけるため、敵を多く作りやすかったります。しかし、爽やかで一本気なところが人と通い合えば、時間とともに味が出て、十年二十年という長い付き合いが続きます。

天南星が持つエネルギーは大きく、無限の可能性を秘めています。
ただし、そのエネルギーの源は「若さ」であり、「経験値」が伴っていないため、突き進む力はあっても、挽回したり、回復する力はありません。そんな時は周りの意見に耳を傾けるようにするといいでしょう。

人体図から見る運気の傾向

初年期(左肩)に天南星があると、感性強く、一家の中心となります。批判力強く、人を傷つけやすい。

中年期(左足)に天南星があると、強引さが目立ちます。精神よりも現実を重視し、敵と味方がハッキリ分かれやすいでしょう。

晩年期(右足)に天南星があると、忙しい晩年を送りますが、エネルギーは若い頃のまま保てるので、バリバリ現役でいられます。

自分の人体図を知りたい方はこちら

天南星の特徴表

動物占い
では
四柱推命
では
世代エネルギー値キーワード
黒ひょう冠帯青年10(身強)旺の位若さ、突進、挑戦

十二大従星一覧

算命学のオススメ書籍

算命学王道書籍 中森じゅあん先生ファン必見 十大主星をもっと知りたい人へ 読みやすくて初心者向け 古いけど天中殺の真髄
強運をつかめる人幸運をさずかる人 中森じゅあんの算命学入門 「十大主星」占術入門 最新 算命学占い入門 天中殺算命占術

十二大従星に関する記事

最近の投稿

  1. 算命学

    算命学で人を車に例えると
  2. 十大主星

    【十干別の性格】車騎星と牽牛星
  3. 十大主星

    【十干別の性格】貫索星と石門星
  4. 十大主星

    【芸能人の命式】山口達也さんの再起を東の星でみる
  5. 十大主星

    【十大主星の場所】東の星で見る仕事運
PAGE TOP