天報星

天報星(てんぽうせい)の世界

天報星の世界は、母親のお腹の中にいる胎児の世界です。まだ生まれてきていないことから、前世と現世の中間に位置します。

人間が生きているという自覚を持つのは、だいたい天貴星になってからなので、この世界は人間の意識や自覚が存在していません。

また、性別も決まっていない胎児は、可能性に満ち溢れ、およそ10か月の間に凄まじいスピードで変転・変化を繰り返しながら成長します。

気分屋だけど器用で多芸多才

天報星の世界では心の変化がとても早く、一定の場所にとどまることを知らないほどに、興味の対象も様々な方向に移り変わり、土壇場で予定を変更することもしばしばあります。
そのため、周りの人からは「気分屋」「気まぐれ」だと思われやすいです。

天報星は現実世界の時間感覚も薄く、「無」の状態を作り出すことができます。
意識や自覚がない世界なので、それだけにどんな精神状態も受け止めることができ、ストレスを感じにくい傾向があります。
仕事や勉強を底なしに詰め込むことができるので、別名多芸多才の星とも言われます。

人には理解されにくい独特の世界観

世界で活躍するビジネスマンやアスリート達が共通して大事にしているのは「無」の時間・感覚を作り出すこと。それは、自意識や自我を取っ払い、ただ目の前のことやモノに集中し、最高の成果を出すことです。

天報星は、その「無」の時間・感覚を作り出すことを自然とできてしまうがために、疲れ知らずで集中力が持続しやすいのです。また、雑念がない分、本質や根源を見極めやすく、独自の世界観が形成されます。
周りからは、そんな姿がストイックなに見えたり、変わり者だと思われがちですが、本人は全然気にしません。

ただし、エネルギー値は3点と身弱の部類に入りますので、肉体的に強いわけではないことを自覚する必要があります。
気持ち的にはまだまだやれるのに、体力が追いついていかず(追いついていないことに気づかず)、気付いたときにはぶっ倒れていた、というようなことになりかねませんので、気をつけましょう。

人体図から見る運気の傾向

初年期(左肩)に天報星があると、多才な面は出るものの、なんでもできるため、やりたいことが定まりにくいでしょう。

中年期(左足)に天報星があると、転職や引越しを繰り返し、仕事内容や住む環境がガラリと変わるなど、大きな変化が起こりやすいでしょう。

晩年期(右足)に天報星があると、精神向上がめざましく、自分の精神哲学を確立するでしょう。

自分の人体図を知りたい方はこちら

天報星の特徴表

動物占い
では
四柱推命
では
世代エネルギー値キーワード
胎児3(身弱)囚の位可能性、変化、気分屋

十二大従星一覧

算命学のオススメ書籍

算命学王道書籍 中森じゅあん先生ファン必見 十大主星をもっと知りたい人へ 読みやすくて初心者向け 古いけど天中殺の真髄
強運をつかめる人幸運をさずかる人 中森じゅあんの算命学入門 「十大主星」占術入門 最新 算命学占い入門 天中殺算命占術

十二大従星に関する記事

最近の投稿

ヴェルニ
  1. 開運方法

    授業の備忘録

    「機」という言葉は一つの運
  2. 天中殺

    【天中殺】金を取った羽生くんとW杯で勝てなかった岡田監督
  3. 十大主星

    【芸能人の命式】山口達也さんの再起を東の星でみる
  4. スピリチュアルな体験

    不思議な体験
  5. 十二大従星

    十二大従星

    晩年の位置にある十二大従星
PAGE TOP