天恍星

天恍星(てんこうせい)の世界

天恍星の世界は、少年・少女の青春時代を反映しています。人生において本当の厳しさ、楽しさをまだ知らない、大人と子供の間で揺れながらも、何かを求め続ける「模索」の世界です。

ただひたむきに黙々と学んできた天貴星とは違い、自分以外の周りのことに関心が向くようになり、社会との接点を求めようとします。
周りとの接点が増えることで葛藤も多くなり、反抗・反発を繰り返しながら周囲と関わっていきます。そんな姿が、目上の人からすると無礼者に映ることもあるでしょう。

天恍星の世界は「夢」「恋愛」「芸能」「非常識」などの意味合いが強く出やすいでしょう。

夢実現を目指して旅するヒロイン

天恍星を持つ人は、夢を叶えるために故郷(実家)を離れるなど自立心旺盛です。自分から旅立つわりに寂しがりやなので、家族以外の人との繋がりを求めやすく、恋愛スイッチが入りやすかったりします。

また、華やかな芸能界への憧れを抱きやすく、憧れの芸能人に近づくために努力するため、自然とキラキラした華やかオーラを放ちます。その影では自分へのコンプレックスに悩み、内面的な未熟さや弱さを隠そうと必死だったりします。
周りからの印象と自分の内面とのギャップに苦しむ傾向があり、精神的な試練が多いのも特徴です。

思春期の特徴を持ち、一定の若さを保ち続ける

自意識はとても強くわがままで、世の中のことに反抗・反発心を抱きやすいです。これは、思春期に見られる反抗期と同じような感じですね。習得本能の部分では、天貴星とは正反対です。積み重ねは苦手ですが、学んではすぐに忘れてまた学び・・・という繰り返しで、平面的ではあるものの、学ぶ領域はとても広く、知識の種をまくのは得意です。(後々その種が花になるかは、その後の生き方次第です)

もう一つ大きな特徴を上げるとすれば、天恍星を持つ人は高齢になっても一定の若さを保てることです。
ただし、逆に若い頃は年齢以上の年に見られる場合も多いです。

天恍星は、恋や憧れ、夢・ロマンを追い求め、いつまでも輝き続ける華やかで孤独な星なのです。

人体図から見る運気の傾向

初年期(左肩)に天恍星があると、反発・反抗心が強く、実家を離れやすいでしょう。おませさんなので恋愛も盛んです。

中年期(左足)に天恍星があると、退屈な環境が苦手で刺激を求めやすいので、転職したり脱サラしがちです。

晩年期(右足)に天恍星があると、晩年になっても異性運があり、海外へ出たり、自分のやりたいことを優先に行動します。

自分の人体図を知りたい方はこちら

天恍星の特徴表

動物占い
では
四柱推命
では
世代エネルギー値キーワード
チーター沐浴少年・少女7(身中)相の位夢、恋愛、迷い、憧れ

十二大従星一覧

算命学のオススメ書籍

算命学王道書籍 中森じゅあん先生ファン必見 占いを始めるなら算命学 読みやすくて初心者向け 恋と運命が動き出す
自然思想の帝王学 中森じゅあんの算命学入門 増補版 算命学占い入門 基礎からわかる算命学の完全独習 黄月式天中殺占い

十二大従星に関する記事

最近の投稿

  1. 天中殺

    算命学の授業-天中殺突入-
  2. 健康法

    2019年を健康に過ごすための健康法
  3. 干支

    【異常干支】特徴と年運に巡ってきた時
  4. 十大主星

    【十干別の性格】鳳閣星と調舒星
  5. 十二大従星

    晩年期にある十二大従星
PAGE TOP