天胡星

天胡星(てんこせい)の世界

天胡星は「病人」の世界です。かと言って、病気になりやすいというわけではありません。肉体的には、エネルギー値も身弱の部類に入るので無理は禁物ですが、その分精神は衰えず感性が研ぎ澄まされます。
身体が病に冒され身体の自由が効かない分、過去を思い返し未来への夢を見て、心は常に過去未来を飛び回っている状態が反映されている世界です。

夢と現実の間をさまよう天胡星の世界は、自分で自分をいじめることによってエネルギーの消費が行われるのです。

予知能力有り!?直感力NO.1の芸術肌

天胡星を持っている人というのは、ロマンチストで美意識が強く、利害を好まないので、本質の美を見極める能力に優れています。
精神が肉体をいじめることで、眠っている感性や美意識を目覚めさせ、天胡星にしか表現できない世界観で世の中に新たな発見や気づきを与えるのです。
故に、芸術家・アーティストとして活躍できる星です。

精神と肉体のアンバランスなところが感受性を強くし、現実的な直感力は研ぎ澄まされます。これは霊感とは違い、自分のみに起こりうる現象を察知する能力によって、自分の身を守っているのでしょう。
肉体的には弱いところがあるため、食生活や生活習慣への気遣いはとてもすごいものがあり、自分の体調の変化にも敏感です。

また、この星は人の気をもらいやすい傾向があり、いい気を持っている人のそばでは運気は上がりやすいですが、悪い気を持っている人と同じ空間にいると、悪い気をそのままもらってしまうため、一緒にいる人は厳選したほうがいいでしょう。

独特の美意識とフェロモンを醸し出す

天胡星は集団よりも一人でもくもくと作業することを好み、自分の追求する理想を追い求めます。

この星を持っている人はフェロモンムンムンです。自意識の強さから、他人の気を引きたいという欲望をもち、精神的な悩みが絶えないからこそ持てる独特な感性や美意識がフェロモンを生み出し、只ならぬ魅力となって人をひきつけるのです。

内面に対する美の追求から、人の汚い部分よりもいい部分を見ようとして人を疑いたがりません。また、自分が弱い分、人の痛みや身体の不調には敏感でとても親切・丁寧に人と接します。

欠点があるとすれば、自分の都合が悪くなると体調が悪いように振る舞うこともまれにあります。普段身体が丈夫なキャラではないので、説得力があるので周りは何も言えず受け入れてはもらえるのですが、ドタキャンすることが重なると信頼を失いますので程々にしましょう。

人体図から見る運気の傾向

初年期(左肩)に天胡星があると、直感力が強い幼少期になりますが、健康面で注意が必要です。音楽や詩歌等、形無きものに才能を発揮しやすいです。

中年期(左足)に天胡星があると、中年期において人生の手助け多く、周りから持ち上げられる運の傾向があります。

晩年期(右足)に天胡星があると、精神世界を大事にするので、趣味的な世界へ没頭し、その世界で大成します。

自分の人体図を知りたい方はこちら

天胡星の特徴表

動物占い
では
四柱推命
では
世代エネルギー値キーワード
コアラ病人4(身弱)休の位感性、知恵、心身弱い

十二大従星一覧

算命学のオススメ書籍

算命学王道書籍 中森じゅあん先生ファン必見 十大主星をもっと知りたい人へ 読みやすくて初心者向け 古いけど天中殺の真髄
強運をつかめる人幸運をさずかる人 中森じゅあんの算命学入門 「十大主星」占術入門 最新 算命学占い入門 天中殺算命占術

十二大従星に関する記事

最近の投稿

  1. 天中殺

    算命学の授業-天中殺突入-
  2. 十大主星

    十大主星の陽転の形
  3. 十大主星

    【十大主星の場所】西の星で見る結婚相手の傾向
  4. 算命学

    【生まれ月別】2018年の運勢
  5. お知らせ

    【What’s New】「六十干支」リリース
PAGE TOP