MENU
算命学を勉強中の方へお願い

2019年を健康に過ごすための健康法

自分が持つ5性格占い3運気占い本質占い天中殺占い相性占いなど、いろんな無料占いが盛りだくさんのサイト占いStockが新しくリリースしました!ぜひお試しください♪

算命学では、健康についてもたくさんの学びがあり、算命学を深く学ぶことで、自分がかかりやすい病気や気をつけるべき体の部位や臓器がわかるようにもなります。

  • 具体的な内容は今後更新する予定なので、そのときに詳しくご紹介します。

今回は、2019年を健康に過ごすための健康法として、「ポリフェノール」と「高血圧」にフォーカスした内容をご紹介していきます。

目次

健康には欠かせない!適度なポリフェノール

赤ワインを一週間に1本以上飲む人は、アルツハイマーになる確率が半分以上下がるそうです。アルツハイマーを防ぐ成分として、ポリフェノールが有効とされています。
ワインが飲めない人は、ぶどうジュースやチョコレート、ナッツ類(くるみなど)などでもOKです。

ただし、物事には適度があり、過度な摂取は健康を害しますので、適量を心がけてください。

知らないと危険!世間で言う高血圧の値は適正か?

血圧は90+年齢が適正な値という話があります。
世間的には、値が130以上になると降圧剤を飲みますが、それは間違いです。これは薬屋の陰謀で、160以上が高血圧だと捉えるくらいで大丈夫です。
目安としては、「90+自分の年齢」が適正な血圧ですので、それ以上にならない限り、むやみに降圧剤を飲まないようにしましょう。

降圧剤を飲みすぎると、うつ病になりやすくなり、駅のホームから飛び降りた人のほとんどが降圧剤を飲んでいたという結果もあります。
また、血圧がある程度高くないと、末端まで血が回らなくなるため、長生きした人はだいたい高血圧の傾向が高いそうです。

参考:本当は恐ろしい降圧剤がもたらす副作用

血圧を下げる簡単な運動を生活習慣に取り入れましょう

高すぎる血圧を下げるための簡単な運動法をご紹介します。

ふくらはぎが固くなっている人ほど血圧が高くなっていたり、心臓病のリスクを抱えています。
そんな人には、正座をした状態で前後に体を揺らしてみてください。
自分の体重がふくらはぎにかかり、圧迫することでふくらはぎがほぐれ、柔らかくなります。

椅子に座っているときに足首から先をパターンパターンとするだけでも、ふくらはぎが伸びてマッサージされますので、その方法も手軽でおすすめです。

そういうマッサージ効果のある動きを生活習慣の中に取り入れることで、長生きして健康寿命を伸ばすことができます。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次