十干十二支

十干(じっかん)、十二支(じゅうにし)は、算命学の骨組みとなる基礎知識になります。
人間を含む全ての生物は時間と空間の中で過ごしていて、その時間と空間を“十干、十二支”で表しています。

十干(=空間)とは

十干は全部で10種類あります。

古来の人は、この世には木・火・土・金・水の属性が存在していると考え、それに陰陽をかけ合わせて10種類に空間を分類しました。

陰陽論とは、この世のすべてを陰と陽に分け、互いの存在を明らかにしていくというものであり、人間にも男女があるように、全てを2つに分類することです。

五行説というのは空間の分類なので、天地を陰陽で分け、10種類の空間が生まれ、それを表したものが“十干”になるのです。

十干五行分類陰陽自然界の事象
甲(こうぼく)木性木の兄=きのえ樹木
乙(おつぼく)木の弟=きのと草花
丙(へいか)火性火の兄=ひのえ太陽
丁(ていか)火の弟=ひのと灯火
戊(ぼど)土性土の兄=つちのえ山岳
己(きど)土の弟=つちのと田園
庚(こうきん)金性金の兄=かのえ鉄鉱石
辛(しんきん)金の弟=かのと宝石
壬(じんすい)水性水の兄=みずのえ海・大河
癸(きすい)水の弟=みずのと雨・露

十二支(=時間)とは

十二支は全部で12種類あります。

数千年前、既に5惑星は発見されていました。そして、それぞれの惑星を詳しく観測した結果、木星が12年で太陽の周りを一周することを発見したのです。

木性の公転周期が地球での時間を知るのに便利だったため、木星の軌道を基準とし、十二に区分けしました。

その後、古代中国では、民族間で時間をわかりやすく伝え合う手段として、この十二区分に動物の名前を付けました。それが十二支になったのです。

十二支五行分類陰陽季節方角
子(ね)水性冬(12月)北方
丑(うし)土性土用(1月)北方
寅(とら)木性春(2月)東方
卯(う)木性春(3月)東方
辰(たつ)土性土用(4月)東方
巳(み)火性夏(5月)南方
午(うま)火性夏(6月)南方
未(ひつじ)土性土用(7月)南方
申(さる)金性秋(8月)西方
酉(とり)金性秋(9月)西方
戌(いぬ)土性土用(10月)西方
亥(い)水性冬(11月)北方

この図は暦術の原型となります。

二十八元表

十二支には、更に細かく最大で三つの干が含まれており、これを蔵干といいます。その内容を表したものを二十八元と言います。

この三つの干とは、方三位三合会局・土性によるものです。
干は「空間」を表しますので、一つの支の中には最大で三空間が含まれているということになります。この三空間を地支の初め(初元)・中間(中元)・終わり(本元)と区分しています。

三蔵干:丑・辰・未・戌・寅・申・巳
二蔵干:午・亥
一蔵干:卯・酉・子

※:十干の右()内の数字は節入日からの日数です。

十二支初元中元本元
癸(9)辛(3)
戊(7)丙(7)
乙(9)癸(3)
戊(5)庚(9)
己(19)
丁(9)乙(3)
戊(10)壬(3)
辛(9)丁(3)
甲(12)

自分の命式を知るで表出される命式において、陰占の上から3つ目に表示している十干は二十八元の本元が表示されています。

六十干支の特徴

01)甲子 02)乙丑 03)丙寅 04)丁卯 05)戊辰 06)己巳 07)庚午 08)辛未 09)壬申 10)癸酉

11)甲戌 12)乙亥 13)丙子 14)丁丑 15)戊寅 16)己卯 17)庚辰 18)辛巳 19)壬午 20)癸未

21)甲申 22)乙酉 23)丙戌 24)丁亥 25)戊子 26)己丑 27)庚寅 28)辛卯 29)壬辰 30)癸巳

31)甲午 32)乙未 33)丙申 34)丁酉 35)戊戌 36)己亥 37)庚子 38)辛丑 39)壬寅 40)癸卯

41)甲辰 42)乙巳 43)丙午 44)丁未 45)戊申 46)己酉 47)庚戌 48)辛亥 49)壬子 50)癸丑

51)甲寅 52)乙卯 53)丙辰 54)丁巳 55)戊午 56)己未 57)庚申 58)辛酉 59)壬戌 60)癸亥

自分の日干支を知る

干支占いのオススメ書籍

相性占いの必読書 論理的で的確な本格書籍 干支に13番目が存在していた!? 一家に一冊!干支の辞書 現代風でユーモアのある表現
十二支相性占い 干支の知恵 ヒミツの13支 十二支(えと)の動物たちの生き方事典 生まれ日のえと占い

最近の投稿

  1. お知らせ

    【What’s New】無料占いパワーアップ!
  2. 天中殺

    【天中殺】金を取った羽生くんとW杯で勝てなかった岡田監督
  3. 十二大従星

    十二大従星の2連変化
  4. 干支

    【陰占干支から感じる縁】丸岡いずみさんの代理出産
  5. 十大主星

    【十大主星】見た目の特徴
PAGE TOP